このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - ビクトリア・アザレンカ選手を参考に、テニスで、「当たりが厚い」ってどういう意味でしょう? この記事をクリップ!Livedoorクリップ - ビクトリア・アザレンカ選手を参考に、テニスで、「当たりが厚い」ってどういう意味でしょう? BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#tennisjp #tennisbaka 「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント 2010」で Best 4 だった「ビクトリア・アザレンカ::Victoria Azarenka」選手( @vika7 )が、我等が担当コーチの注目選手だそうです。ふ~ん・・・そうなんだ!確か「US オープン 2010」で試合中に熱射病で倒れてしまった選手ですよね・・・ちょっと、コーチの言葉を引用しておきましょう。

日本の女子選手とは、まずサーブとリターンの攻撃力に差があると思いました。(中略)好きなプレーヤーは、ベスト4をマークしたアザレンカ(ベラルーシ)選手です。(中略)当たりが非常に厚くどんな場面でも攻撃的です。サーブも打点が高く、エースもとれます。短いボールは高い打点でボールを潰しにいきます。そういった意味では、迫力が違いました。プレッシャーを常にかけてきます。

素人の私には、「当たりが厚い」という意味が理解できませんが、きっとテニスをやっている皆さんにはおなじみの技術なんでしょうかね・・・まっ、私がやっているわけではありませんから、娘にでも質問してみようかな。誰がコーチかは、ご想像にお任せします。