Skip to content

Zero Base

Thinking and Creating from the Scratch

Archive

Tag: トレーニング
このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - ニュー・パワー・テニス:日本人のテニススウィング革命 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - ニュー・パワー・テニス:日本人のテニススウィング革命 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#tennisjp #tennisbaka 最近の娘・・・2週間前から、これまで慣れ親しんできたストロークの大幅改良を始めました。10年近くも同じフォアーストロークにバックハンドストローク。ネットプレーを主体にテニスの試合を組み立てるのであれば、ストロークの改善が必須、というのがコーチの主張です!

げっ!今ですか!?試合があるんですけど・・・

と内心思いましたが、ほぼ1年中あるテニスの試合のため、修正らしい修正をこれまでやったことがないので、娘も大賛成なので、まずは基本からの出直しとなりました。ミスショットさえなくなれば・・・との思いもありますが、それよりも、「ネットプレーのためのストローク改造」という言葉大きく影響しているらしい。まっ、実際に試合をするのは、娘ですから、本人が積極的ならそれはそれで良いかな・・・

ということでコーチのレッスンを聞いていると・・・どうやら「捻転運動」を強調しているらしい!んっ!?何が新しいのかなと感じながらも、娘にとっては未知の世界らしい。捻転運動、コンパクトなスウィング、細かなフットワーク、体幹の強化・・・な~るほど。

上記のようなキーワードで検索すると、ちょっと気になるサイトにぶち当たりました!それが「ニューパワーテニス」のウェブサイトと、同じ運営者のブログ、「ニュー・パワーテニス::ガラパゴス化したジャパンテニス」というやつ。

ちょっと引用しておくと・・・

日本人と外国人のテニスが違っています。日本のテニスの基本はスクエア・スタンス打法で体重移動のスイングです。外国人はオープン・スタンスでトルクの腕使いで打っています。何が違うのか考えてみましょう。(上記ブログから)

更に気になる内容を・・・

「ニュー・パワー理論で科学的に外国人のトッププロの両肩を回してスウィング方向の回転パワーを溜めるテークバックを科学的に証明した」と書いてレポートを日本テニス協会とプロテニス協会に平成18年度に5回送り、それ以後もいろんな文章を送りました。“日本テニススウィング革命”を出版したとお知らせしても、何の返答も有りません。説明してくれとは、東京に呼んでいただけません。

ニュー・パワー理論を採用していただこうと、これまで精一杯、努力してきました。現在の日本テニス協会とプロテニス協会の資格は、現代日本人の足使いと腕使いの習癖の限定された回転移動のメカニズムの指導資格です。ストロークでは、スクエア・スタンスで前足を踏み込み体重移動をしてスウィングする4拍子のスウィング・メカニズムです。それでは、外国人トッププロのようなスウィング・メカニズムの指導が、ほとんどできないのです。

私、こうした新しい試みを真剣に考えている方、本当に好きなんです。何か「本気」で変えようと考えている・・・こんな方が、きっと何かを変えてくれるはず!早速、書籍を購入してみようかな・・・

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 体幹って何だ!?体幹を鍛えよ、ってどこを鍛えるの!? この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 体幹って何だ!?体幹を鍛えよ、ってどこを鍛えるの!? BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#tennisjp #tennisbaka 先日、コーチから「体幹」をもっと鍛えた方が良いな・・・と指摘されていた娘でしたが、「体幹」っていったい何でしょう?個人的には、「体の軸」と理解していましたが、「体の軸」こそなんなのか不明ですよね!ちょっと調べてみると・・・

ウェブページ「体幹の鍛え方・トレーニング方法」を参照すると・・・

体幹といっても具体的にはどこ?と思うかもしれませんが、大体の方のイメージどおり簡単に言えば胴体ということになります。(中略)ただスポーツトレーナーの中には、胴体に太ももをあわせて体幹として、鍛え方を指導されている方も多いようです。

最近ではスポーツの世界でも体幹の重要性がいわれ、効果的な鍛え方やトレーニング方法もいろいろ研究されているようです。体幹を鍛えるというと、胴体、具体的には腹筋、背筋を鍛えるということになります。

な~るほど!簡単にいってしまえば、腹筋と背筋を鍛えるということですか!それならば、ネット上にいくらでも参考になる情報がありますよね!テニスに限らず、全てのスポーツで重要な筋肉ですが、腹筋と背筋は、どうも軽視されているような気がしますから、再考することも重要でしょう。

ちょっと上記のウェブページで重要な部分の引用を忘れていた感じですので、ちょっと加えておきましょう。

体幹は胴体の曲げ伸ばしのほか、姿勢を保ち、体全体のバランスをとる役割を担っています。歩いたり走ったり、飛んだり跳ねたりする動的な状態でも体のバランスがとれるのは、体幹の筋肉が作用して姿勢を安定させているからなのです。

その体幹の正しい鍛え方を知ってトレーニングすることは、スポーツ選手のパフォーマンス向上のためばかりでなく、一般の人が生活する上でも腰痛の防止になったり、思わぬ怪我を防ぐためにも大変役に立ちます。

なるほど!腰痛の防止なら、私も必要だな・・・