Skip to content

Zero Base

Thinking and Creating from the Scratch

Archive

Tag: 司馬遼太郎
このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 一流社員が読む本::スタンダードともいえる歴史小説名作群 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 一流社員が読む本::スタンダードともいえる歴史小説名作群 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

歴史小説を読んでいこうとする時に、やっぱり「これは読んでおかないとね」といった名作があるんですよね・・・どんな領域でも同じでしょうけど。ウェブページ「一流社員が読む本::スタンダードともいえる歴史小説名作群」には、そんなスタンダードな書籍がリストされていますから、自分用に引用しておきます。

吉川英治の『宮本武蔵』は息が長い。最初にベストセラーになったのが戦時中であり、半世紀以上経った今も売れ続けている。

戦後は司馬遼太郎の『竜馬がゆく』が時代小説のかたちをとった青春小説の典型である。戦後は司馬遼太郎の『竜馬がゆく』が時代小説のかたちをとった青春小説の典型である。

池波正太郎の『鬼平犯科帳』も人気が高い。同心や密偵、あるいは敵対する盗賊を前面に出し、鬼平はまとめ役として一歩引いた感じで登場する。にもかかわらず、その大きな存在感はすばらしい。

戦時中、新聞連載されていた子母澤寛の『勝海舟』には逸話がある。敗戦時、GHQが「封建的な精神を助長する読み物は掲載中止」といってきた。当時、江戸開城の場面だったが、担当者が「これはGHQがやって来た場面を、時代もののかたちを借りて説明しているんです」と抗弁し、通ったそうだ。戦中戦後とも史観を変えずに書き継がれた大作だ。

郷里の史上の人物、上杉鷹山を描いた藤沢周平の遺作『漆の実のみのる国』を挙げたい。司馬.太郎が国を憂うると大所高所から論じるが、藤沢は「この国が何とかよくなってほしい」という「祈り」を描き、漆が実り、風にかさかさ揺れる場面で終わる。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 司馬遼太郎氏 vs. 藤沢周平氏 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 司馬遼太郎氏 vs. 藤沢周平氏 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#bakumatsu 司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」と続けて「燃えよ剣」を読了。時代小説には、これまでまったく興味が無かったけど、いざ読み出してみるとどっぷりとはまってしまっています。自分でも驚いているところですが・・・

ただ、ちょっと感じているのは、歴史小説は、かなり事実とは違った著者の想いが入り込んでいるだろうな、と感じています。上記の名作もそうですが、坂本竜馬や土方歳三の会話を克明に表現できるはずが無いのですから。と、ちょっとひねくれて考えてみると、司馬遼太郎氏以外の歴史小説も読んでみたい!せっかくなら、幕末がいいかな、とも考えています。

内田樹氏は、「内田樹の研究室::柴五郎のこと」で以下のように記述しています。

子母澤寛や藤沢周平の時代小説にはこの薩長に蹂躙され、明治日本の日の当たる場所から遠ざけられ続けた東北諸藩の積年の怨念のようなものがにじんでいる(その点で、関西人である司馬遼太郎とは感覚が微妙に違う)。

私は藤沢周平と同じく、戊辰戦争で負けた庄内藩士、旧新徴組隊士の末裔であり、祖母の父は白虎隊の生き残りの会津藩士であったから、私の中には「負け組」の血が脈々と流れていることになる。

私の父は東北出身で母は東京出身・・・私が幼いころによく「東京と東北では考え方が違う」と主張して、明治や世界第二次大戦の話をしていたのを記憶していますが、そうしたこともちょっと影響しているのかもしれませんが・・・上記は、決して無視できないので、一度、藤沢周平か子母澤寛を読んでみようかな、なんて考えているわけです。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「幕末京都」というサイトが良い!「竜馬がゆく」から「燃えよ剣」の次は・・・ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 「幕末京都」というサイトが良い!「竜馬がゆく」から「燃えよ剣」の次は・・・ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#bakumatsu 司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく(文春文庫:全8巻)」を読了して、まさか坂本竜馬にはまったのでは・・・と考えていましたが、どうも坂本竜馬に関して「次」の本を探そうかな、とは思わなかった・・・それよりも、「竜馬がゆく」に登場してくる勝海舟、新撰組、大政奉還、徳川慶喜といった物語に興味が惹かれました。

まさか、この歴史嫌いの私が「歴史小説」にはまるとは、誰が想像できたでしょう。我が父・母・妻・子供達でさえ想定していなかったでしょうね。でもすっかりはまってしまったんですから、どうしようもありませんね。

どうやら「幕末」という時代、更には「明治維新」という時代に魅力を感じている自分がありそうです。

そこで、ちょっとネットを徘徊していると、とても興味深いサイトを発見しました!それは、「幕末京都」というウェブサイト。その名の通り「幕末京都で活躍した人物や史跡などを紹介」するサイトですが、なかなか良い感じ。私のような駆け出しの幕末ファンには、とっても解り易いサイト構成です。

特に「「幕末本」人気投票!」ってのは、とっても興味をそそられる!司馬遼太郎氏の書籍での No.1 は、「竜馬がゆく」でも「燃えよ剣」でもなく・・・なんと、「峠」です。この「峠」を調べてみると・・・

「峠(上)」、「峠(中)」、「峠(下)」の3巻構成。内容は「幕末の風雲児、越後長岡藩の河合継之助」が主人公の物語。ふ~ん・・・そうなんだ!と、どこの誰かも解らず・・・ですが、一読の価値はありそうですね。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 幕末の司馬遼太郎を読みたいな! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 幕末の司馬遼太郎を読みたいな! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#bakumatsu #ryouma 「竜馬がゆく」が想像以上に面白かったので、「燃えよ剣」を次に読もうと思っていますが、どうやら「幕末」に関してのテーマが自分には良さそうです(って、勝手に決めていますが・・・)。

司馬遼太郎氏の幕末に関する歴史小説は、ウェブサイト「司馬遼太郎を読む」にリストされていますので、転載しておきましょう。更に、明治時代にも手を出したいので、それもリストしておきます。

歴史小説:幕末

  • 花咲ける上方武士道
  • 【読了】竜馬がゆく
  • 【読了】燃えよ剣
  • 世に棲む日日
  • 歳月
  • 花神
  • 胡蝶の夢
  • 風の武士
  • 十一番目の志士
  • 俄―浪華遊侠伝
  • 最後の将軍

歴史小説:明治時代

  • 翔ぶが如く
  • 坂の上の雲
  • 殉死

また、参考までに「Wikipedia::司馬遼太郎」をリストしておきます。

  • 梟の城(1959年9月) – 石川五右衛門
  • 上方武士道(1960年11月) – ※没後『花咲ける上方武士道』に改題し再刊。
  • 風の武士(1961年5月) – 江戸時代末期、伊賀同心の末裔、柘植信吾を主人公にした伝奇小説
  • 戦雲の夢(1961年8月) – 長宗我部盛親
  • 風神の門(1962年12月) – 真田十勇士の霧隠才蔵
  • 【読了】竜馬がゆく(1963 – 66年) – 坂本龍馬、中岡慎太郎
  • 【読了】燃えよ剣(1964年3月) – 土方歳三
  • 尻啖え孫市(1964年12月) – 安土桃山時代、雑賀鉄砲衆を率い織田信長に抗した雑賀孫市を描く
  • 功名が辻(1965年6 – 7月) – 山内一豊とその妻千代
  • 城をとる話(1965年10月)
  • 国盗り物語(1965年11月 – 66年7月) – 斉藤道三、織田信長
  • 北斗の人(1966年11月) – 千葉周作
  • 俄 浪華遊侠伝(1966年7月) – 幕末の侠客、明石屋万吉の視線より大阪庶民からの幕末を描く
  • 関ヶ原(1966年10 – 12月) – 島左近・石田三成、徳川家康
  • 十一番目の志士(1967年2月)
  • 最後の将軍(1967年3月) – 徳川慶喜 
    ※Juliette Winters Carpenterによる英訳『The Last Shogun』がある)
  • 殉死(1967年11月) – 乃木希典
  • 夏草の賦(1968年1月) – 長宗我部元親
  • 新史太閤記(1968年1月) – 豊臣秀吉
  • 義経(1968年5月) – 源義経
  • 峠(1968年10月) – 河井継之助
  • 宮本武蔵(1968年、朝日新聞社『日本剣客伝』収録) – 宮本武蔵
  • 坂の上の雲(1969年4月 – 1972年9月) – 秋山好古、秋山真之兄弟、正岡子規、日露戦争、バルチック艦隊
  • 妖怪(1969年5月)
  • 大盗禅師(1969年7月) – 由比正雪、鄭成功。大濤禅師の幕府転覆・明帝国再興の企みを、主人公浦安仙八を中心に描く幻想小説。
  • 歳月(1969年11月) – 幕末〜明治維新、江藤新平
  • 世に棲む日日(1971年5 – 7月) – 幕末〜明治維新、高杉晋作、吉田松陰
  • 城塞(1971 – 72年) – 江戸時代、大坂冬の陣、大坂夏の陣を描く、主人公は小幡景憲
  • 花神(1972年8月) – 幕末〜明治維新、大村益次郎
  • 覇王の家(1973年10月) – 徳川家康
  • 播磨灘物語(1975年6 – 8月) – 黒田如水
  • 翔ぶが如く(1975 – 76年) – 明治維新〜西南戦争、西郷隆盛
  • 空海の風景(1975年10月) – 空海
  • 胡蝶の夢(1979年7 – 10月) – 幕末、司馬凌海、松本良順、関寛斎
  • 項羽と劉邦(連載時は「漢の風 楚の雨」、1980年6月 – 8月)
  • ひとびとの跫音(1981年7月) – 正岡忠三郎
  • 菜の花の沖(1982年6 – 11月) – 高田屋嘉兵衛
  • 箱根の坂(1984年4 – 6月) – 北条早雲
  • 韃靼疾風録(1987年10 – 11月) – ヌルハチ、ホンタイジほか、※Joshua Fogelによる英訳『The Tatar Whirlwind』がある。明から清への興亡を、平戸藩出身の桂庄助の目を通し描く。
@zerochacool モノの見方と登場人物の立て方・拾い方が面白いのもそうなんですが、なにより語り口が読んでて快感なんです。極端な話、物語としてのスジの良し悪しそっちのけで、ただ文章を読むのがキモチいい、というか。学生の頃、やっぱりアホほど読んだ時期があるので、そのせいかも。
@Catshop
Catshop
このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「竜馬がゆく」の後は・・・「燃えよ剣」かな!? この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 「竜馬がゆく」の後は・・・「燃えよ剣」かな!? BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

【追記:2010年12月23日】
司馬遼太郎氏の「燃えよ剣」を読了しました。「竜馬がゆく」で表現されている土方歳三だけだと、なんとなく「嫌なやつ」といった印象がありましたが、「燃えよ剣」に登場する土方歳三は、なんとも男くさいいい味があります。私個人としては、坂本竜馬よりも土方歳三のほうが好きかも・・・

【公開時、投稿記事】
#bakumatsu #ryouma 歴史小説を読むのは、初めてで、その始めて手に取った「竜馬がゆく」にすっかりはまってしまって・・・今更ながら、もっと早くに読んでいればな、と後悔ばかりですが、その「竜馬がゆく」ももう直ぐ全巻読了してしまう。長いようで短いな・・・

では、「竜馬がゆく」読了後どうしよう!?と、ふっと考えた時に、いっそのこと、司馬遼太郎氏の長編歴史小説を順に読了していこうかなと思ったのですが、長編は読み出したら、意外にはまってしまいそうだし、逆に、すっかり飽きてしまいそうな気もするのです。勝海舟、新撰組、安政の大獄、桜田門外の変・・・もうちょっと詳細を知りたくなったのも事実でして。

そこで、試行錯誤して、新撰組の土方歳三を描いた「燃えよ剣」に決めた!(といっても、まだ文庫を購入したわけではないのですが・・・)。司馬遼太郎氏の代表作のようだし、日本を代表する小説であることは、内田樹氏も主張しているし。(内田氏の指摘は、本ブログの投稿記事、「「竜馬がゆく」を読み出した理由は・・・」に記述しました!)

【追記:2010年11月12日】
「燃えよ剣」に関して、以下のような Tweet を頂きました!

初めてチャレンジした歴史小説、「竜馬がゆく」が本当に面白かった!これって、坂本竜馬が主人公だったから!?それとも司馬遼太郎だから!?いづれにせよ、もうちょっと歴史小説にチャレンジしたいな・・・
@zerochacool
Zero Cool

おこがましいながらひとこと。司馬遼では「燃えよ剣」必読です! RT @zerochacool: 初めてチャレンジした歴史小説、「竜馬がゆく」が本当に面白かった!これって、坂本竜馬が主人公だったから!?それとも司馬遼太郎だから!?いづれにせよ、もうちょっと歴史小説に

@zerochacool そうでしたか!>燃えよ剣 土方歳三はじめ、登場する男たちがみな熱くてイイんです!(^。^)

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「竜馬がゆく」を読み出した理由は・・・ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 「竜馬がゆく」を読み出した理由は・・・ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#ryouma あまりにも「日本」を知らないな、と感じている今日この頃で、あっちこっちで「日本とは」を知るための書籍を探しています。で、「竜馬がゆく」を真剣に読み出したわけですが、そのきっかけは、内田樹氏のブログから、司馬遼太郎や吉本隆明は知らなければいけない!?と感じたから。ちょっと引用しておきます。

ある国の文化的作物のうち、「その国固有」のものであるかどうかを判定する基準は「国外に愛好者を持たない」ということではないかと私は思っている。例えば、司馬遼太郎は日本の「国民作家」であり、吉本隆明は日本の「国民思想家」である。ご異論のある方はおられぬであろう。

その司馬遼太郎は英語訳が三点しかない。「最後の将軍」と「韃靼疾風録」と「空海の風景」だけ。「竜馬がゆく」も「坂の上の雲」も「燃えよ剣」も「街道をゆく」も翻訳がないのである。日本人の心性と価値観と美意識をみごとに描いたこれらの文章に非日本人はまったく関心を示さないのである。

吉本隆明が戦後日本思想を「知る」上で必須の文献であることに異論のある人はいないであろう。その吉本隆明の著作は外国語訳が一つもない。「擬制の終焉」も「自立の思想的拠点」も「共同幻想論」も「言語にとって美とは何か」もどれも外国語に訳されていないのである(加藤典洋さんに聴いた話では『共同幻想論』は以前フランス語訳が存在したそうであるが、いまは絶版)。

海外旅行の間に、ふっと「司馬遼太郎が読みたい」とか「藤沢周平が読みたい」とか「吉行淳之介が読みたい」とか「島尾敏雄が読みたい」思うことだってあると思うけれど(ないかな)、現地の本屋にはないのである。

でも、村上春樹はある。たくさん並んでいる。司馬遼太郎と村上春樹はどこが違うのか。
もしかすると、「対抗文化」だけが世界性を持ちうるということなのであろうか。

引用:「内田樹の研究室::ヒップホップと司馬遼太郎と村上春樹」より

これまでは、司馬遼太郎を私は読んだことがない・・・「竜馬がゆく」も「坂の上の雲」も「燃えよ剣」も「街道をゆく」も読んだことがないのです。どうやら「非日本人」なのかな・・・周囲の人は、「あなたは日本人離れしている・・・」と私を評価するのも解るような気がする・・・

下記、内田樹氏のブログから、上記と似たような内容の投稿記事を引用しておきます。

司馬遼太郎の外国語訳を読むことはきわめて困難である。Amazonで現在入手できる英訳は3点しかない(「最後の将軍」、「韃靻疾風録」、「空海の風景」)。「竜馬がゆく」も「坂の上の雲」も「世に棲む日々」も「燃えよ剣」も外国語では読めないのである。

意外でしょ。

外国の学者が日本的心性について知りたいと思ったら、司馬遼太郎を読むのが捷径だと私は思うが、その道は閉ざされているわけである(むろん、藤沢周平や池波正太郎も英語訳は存在しない。ついでに言えば、吉行淳之介も島尾敏雄も安岡章太郎も小島信夫も英語では読めない)埴谷雄高も谷川雁も平岡正明も村上一郎も吉本隆明も英訳はない。

この選択的な「不翻訳」は何を意味するのか。とりあえず「日本の50-60代のおじさんたちの胸にキュンと来る本」は外国語に翻訳されにくい、ということは言えるであろう。

引用:「内田樹の研究室::おじさんの胸にキュンと来る」より

やっぱり「竜馬がゆく」位は読んでおかなければ・・・と思い立って現在読書中!これが想像以上に面白くてビックリ・・・これまで読まなかったことをちょっとだけ後悔し始めました・・・