Skip to content

Zero Base

Thinking and Creating from the Scratch

Archive

Tag: 購入計画
このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 歴史小説初心者は、大河ドラマ白黒時代の原作からが良い!?かな・・・ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 歴史小説初心者は、大河ドラマ白黒時代の原作からが良い!?かな・・・ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#NHK #rekishi #books 歴史・時代小説の初心者である私は、いったい何から読めば良いのかな・・・と、ネットを調べまわっている今日この頃ですが、そう言えば、昨年話題になった NHK の大河ドラマをベースに原作を読み始めたらどうかな、とふっと思い立ちました・・・そんな原作を簡単に調べられるかな、と思っていたら、流石はネット社会!「Wikipedia::歴代大河ドラマの一覧」を参考に、大河ドラマ初期といわれる白黒時代の作品をあっさりリストできました!

リストは、上記のウェブページを参考に、それぞれの原作の概要は、楽天ブックス(リンクしてあります)のものを採用しました。

  • 【第1回】:舟橋聖一著「花の生涯(上・下)新装版 長編歴史小説」(祥伝社文庫:2007年04月)舟橋聖一
    35万石彦根藩主の子ではあるが、14番目の末子だった井伊直弼は、わが身を埋木に擬し、住まいも「埋木舎」と称していた。「政治嫌い」を標榜しつつも、一代の才子長野主膳との親交を通して、曇りのない目で時代を見据えていた。しかし、絶世の美女たか女との出会い、それに思いがけず井伊家を継ぎ、幕府の要職に就くや、直弼の運命は急転していった・・・
  • 【第2回】:大佛次郎著「赤穂浪士(上・下巻」(新潮文庫:2007年12月)赤穂浪士
    画期的な解釈と設定で、忠臣蔵小説の最高峰と讃えられ続ける名作が、今甦る。上巻では、元禄太平に勃発した浅野内匠頭の刃傷事件から、仇討ちに怯える上杉・吉良側の困惑、茶屋遊びに耽る大石内蔵助の心の内が、登場人物の内面に分け入った迫力ある筆致で描かれる。虚無的な浪人堀田隼人、怪盗蜘蛛の陣十郎、謎の女お仙ら、魅力的な人物が物語を彩り、鮮やかな歴史絵巻が華開く。
  • 【第3回】:吉川英治著「新書太閤記(全11巻)」(吉川英治歴史時代文庫:1990年新書太閤記
    動乱の中世に終止符を打ち、新世紀を開いた豊臣秀吉の生涯を描く、規模雄大な出世物語が本書である。民衆の上にあるのではなく、民衆の中に伍してゆく英雄として、秀吉は古来、誰からも愛されてきた。―奔放な少年時代を過した日吉が、世間を見る眼も肥え、生涯の主君として選んだのが、うつけで知られる織田信長であった。随身を機に名も木下藤吉郎と改め、着実に出世街道を歩んでいく。
  • 【第4回】:村上元三著「源義経(全4巻)」(人物文庫:2004年05月)源義経
    平家が我が世の春を謳歌していた平安後期、洛北・鞍馬寺で文武の修業に明け暮れる遮那王は、源氏再興の輿望を担いながらも迫り来る身の危険を避けるため、弁慶らを従えて東下りの途につく。近江の国・鏡の宿で元服し名を改めた義経は、みちのくの雄・藤原秀衡と対面する…。悲劇の英雄を描く渾身の長編小説の開幕。
  • 【第5回】:オリジナル企画
    幕末の動乱から明治維新を迎えるまでを、旗本の三姉妹の視点から描く。1967年は明治維新から100年に当たるため、題材を幕末のものとした。NHKは100年を何らかの形で題名に入れるべく大佛次郎に打診したが、断られた模様。その代わりとして大佛は自らが執筆した幕末を舞台とした作品(『逢魔の辻』『その人』『薔薇の騎士』など)を元に脚本を書くことを提案し、本作が執筆された。ちなみに、オープニングクレジットでは「大佛次郎原作 より」と書かれている。一応、大河ドラマ初のオリジナル企画と見ることも出来るが、原作は存在する。
  • 【読了】:【第6回】:司馬遼太郎著「竜馬がゆく(全8巻)」(文春文庫:1998年09月)竜馬がゆく
    「薩長連合、大政奉還、あれァ、ぜんぶ竜馬一人がやったことさ」と、勝海舟はいった。坂本竜馬は幕末維新史上の奇蹟といわれる。かれは土佐の郷士の次男坊にすぎず、しかも浪人の身でありながらこの大動乱期に卓抜した仕事をなしえた。竜馬の劇的な生涯を中心に、同じ時代をひたむきに生きた若者たちを描く長篇小説。
このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 森博嗣(もりひろし)氏が気になるな・・・ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 森博嗣(もりひろし)氏が気になるな・・・ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#books 昨年(2010年)の前半は、翻訳ミステリーを読み漁りましたが、なかなか至極の日々でした・・・特に、冒険小説に出会って、更に、時代小説に出会って・・・と、今更どうして!?と自問自答するような出会いがありましたが。

そうした中、興味があるのですが、なかなか読むチャンスが無い作家が一人・・・それが森博嗣(もりひろし)氏です。理系ミステリーで評判になった、と聞きつけたので、いつかは読みたいな、と考えていたのですが、そうした思いを決定的する内容のブログの投稿記事を発見。それは、元マイクロソフトの社長、成毛眞氏のブログ、「成毛眞ブログ::『森博嗣の半熟セミナ 博士、質問があります!』 (講談社文庫)」です。ちょっと引用しておきます。

2008年12月に出版された単行本の文庫化にあたって、著者から出版社経由で解説を仰せつかった。大好きな作家なので二つ返事で請け負った。二つ返事だから「はいはい」と、じつに軽やかである。

森博嗣は理系の頭脳と柔らかな言葉のセンスをあわせ持つ稀有な作家である。もちろん、理系といってもたんに理工科系の大学を卒業したということではない。大学でコンクリート工学の教鞭をとっていたうえに、専門外の理工学分野でも玄人裸足なのだ。

(中略)

森博嗣を知る読者は幸せである。ミステリーと科学とユーモアを同時に楽しめるのだ。「博士、質問があります!森博嗣中毒になった場合の治療法を教えてください!」

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 藤沢周平氏、何から読もうかな・・・ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 藤沢周平氏、何から読もうかな・・・ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

司馬遼太郎氏の本を読むと、意外と「美談」が多いような気がするのは私だけでしょうか?もうちょっと違った視点での歴史小説が読みたいな、と思って、藤沢周平氏を注目しているのですが、なかなかどれから読もうかな、と迷ってしまっています。

迷っている位なら・・・と考えて、「今をときめく歴史小説作家」を選定しようかな、と思い立って、本ブログの投稿記事、「一流社員が読む本::最新作家による歴史小説の名作」にある火坂雅志氏の歴史小説「天地人」を調べてみると・・・ Amazon のカスタマーレビューにとっても興味深い内容が・・・ちょっと引用しましょう!

直江兼続の生涯をトータルで描いた作品及び大河ドラマの原作という事で、不安と期待で読んでみたのだが、不安の部分が大いに占める内容だった。藤沢周平氏の『密謀』とは文章力と構成の格が違い、非常につまらない小説だった。

内容が面白い面白くないは、個人差がありますから、そうしたレビュー内容は、どうでも良いのですが、それよりも「藤沢周平氏の「密謀」」文言が気になる・・・更に、この藤沢周平氏の本を調べると・・・更に興味深い内容のレビューが!引用しておきます。

何時の世も、どの国も歴史は「勝者」からの視点で語られてきた。 敗者は悪しざまに汚名をそそがれ、滅び散ってゆく。

本書は関ヶ原における「敗者」である上杉影勝とその参謀の直江兼続を中心題材 とした歴史小説である。史実を元にした歴史小説だが堅苦しさは全くなく、 登場人物は皆、藤沢周平特有の人間味の溢れた魅力のある人物像で描かれている。 又、史実の描写とフィクションであろう場面の描写のバランスは絶妙で時代小説 としての面白さも十分に堪能できる。

(中略)

そして、徳川幕府によって会津120万石から米沢30万石に減封された上杉の物語りは 藤沢周平の遺作となる「漆の実のみのる国」へ継承される。

どうやら、この辺から読んでいこうかな・・・

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 司馬遼太郎氏 vs. 藤沢周平氏 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 司馬遼太郎氏 vs. 藤沢周平氏 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#bakumatsu 司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」と続けて「燃えよ剣」を読了。時代小説には、これまでまったく興味が無かったけど、いざ読み出してみるとどっぷりとはまってしまっています。自分でも驚いているところですが・・・

ただ、ちょっと感じているのは、歴史小説は、かなり事実とは違った著者の想いが入り込んでいるだろうな、と感じています。上記の名作もそうですが、坂本竜馬や土方歳三の会話を克明に表現できるはずが無いのですから。と、ちょっとひねくれて考えてみると、司馬遼太郎氏以外の歴史小説も読んでみたい!せっかくなら、幕末がいいかな、とも考えています。

内田樹氏は、「内田樹の研究室::柴五郎のこと」で以下のように記述しています。

子母澤寛や藤沢周平の時代小説にはこの薩長に蹂躙され、明治日本の日の当たる場所から遠ざけられ続けた東北諸藩の積年の怨念のようなものがにじんでいる(その点で、関西人である司馬遼太郎とは感覚が微妙に違う)。

私は藤沢周平と同じく、戊辰戦争で負けた庄内藩士、旧新徴組隊士の末裔であり、祖母の父は白虎隊の生き残りの会津藩士であったから、私の中には「負け組」の血が脈々と流れていることになる。

私の父は東北出身で母は東京出身・・・私が幼いころによく「東京と東北では考え方が違う」と主張して、明治や世界第二次大戦の話をしていたのを記憶していますが、そうしたこともちょっと影響しているのかもしれませんが・・・上記は、決して無視できないので、一度、藤沢周平か子母澤寛を読んでみようかな、なんて考えているわけです。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 2000年以降に登場した最高の冒険活劇小説は・・・グレッグ・ルッカの「回帰者」! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 2000年以降に登場した最高の冒険活劇小説は・・・グレッグ・ルッカの「回帰者」! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#adventure #novel 最近購入した雑誌、「文庫王国(2010 – 1011)」に掲載されている海外ミステリー Best 10 は、関口苑生(せきぐちえんせい)氏のものでした。その中で最も興味深いのは、冒険活劇小説として紹介されていたグレッグ・ルッカ著「回帰者」(講談社文庫:2010年8月)グレッグ・ルッカは、「2000年以降に登場した最高の冒険活劇小説」と評されています。

これは読んでみたいね!

どうやらこの文庫は、グレッグ・ルッカの元ボディーガード、アティカスシリーズの完結編という謳い文句です。つまりシリーズもの、ってことですよね!ちょっと調べてみないと・・・

ということで、ネットを検索してみると、感想を含めてとても参考になるサイトを発見!「グレッグ・ルッカ(Greg Rucka)感想ページ」ってやつ。ちょっと感想はおいといて、シリーズをリストしておきましょう。

  1. 守護者(キーパー)
  2. 奪回者
  3. 暗殺者(キラー)
  4. 耽溺者(ジャンキー)
  5. 逸脱者
  6. 哀国者
  7. 回帰者
このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 日本人が知らないブッダの話 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 日本人が知らないブッダの話 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#psychology #brain #religion 個人的な理由から心理学に興味があって、あっちこっちの書籍を読了したのですが、どうしても「統計学」のような気がしてしまって、中にはオカルト的なものまであって。何が不足なのかを自分なりに熟慮して、出会ったのが脳科学でした。脳科学の書籍も、未だに面白くて読んでいるのですが、更に発展!?して宗教に感心が出てきた・・・そんなことで良いのかな、と思ってはいるのですが、そんなプロセスには正解は無いはず、と自分に言い聞かせていますが。

かなり以前の Tweet ですが、 名越康文氏がつぶやいた宗教関連の本に関するものが未だに気になっているので記載しておきましょう。近所にある書店には、宗教関連のコーナーができているので、脳科学の次は宗教ブーム!?

日本人が知らないブッダの話、読了。後半六章・七章の如来が入滅される前後の物語は正に圧巻。スペクタクルと敢えて云おう。
@nakoshiyasufumi
名越康文
このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「REGZA Phone T-01C」:げっ!ドコモからおサイフケータイ & 防水対応スマートフォンが発売される! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 「REGZA Phone T-01C」:げっ!ドコモからおサイフケータイ & 防水対応スマートフォンが発売される! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

【追記:2010年12月04日】
#regzaphone 通りすがりの携帯電話ショップで、サンプルですがこの「REGZA Phone T-01C」を触ってきましたが・・・予想以上に大きくて、しかも重い!ちょっとガッカリ・・・どうやら、防水機能を備えたので、結構ガッシリした造りになっているそうで。ただ、普段利用するのに、慣れればこの大きさと重さが克服できるのかな、と不安になりました。

【公開時、投稿記事】
#docomo 携帯電話の買い替えを検討していますが、いまひとつパッとしない市場動向で、迷っているのですが、情報過多のこの時代に、私は本当に有効な情報を取得するのが遅い・・・

何これ!「おサイフケータイ & 防水対応スマートフォン」というのが発売されるんですね!しかも2010年12月17日、発売開始予定って!もう・・・

携帯電話(スマートフォン)で最も重要な機能は、当然ですが、電話通話、メールですが、その他に必須だと思っているのが、「おサイフケータイ」機能。suica に Edy は今や毎日利用している機能ですから外せない!そして、最近海外出張が多いので、World Wing というサービス。特に、3G と GSM の両方が経験的に必要です。

これら、個人的に必須と考えているスマートフォン・・・それが「REGZA Phone T-01C」のようです・・・もうちょっと我慢できないかも。

更にネットを調べていると・・・「ケータイ Watch::FeliCa・防水のAndroid端末「REGZA Phone T-01C」」にとっても魅力的な解説が!

「REGZA Phone T-01C」は、Android 2.1を搭載した富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン。おサイフケータイ、防水対応で、2010年末~2011年初めに発売される予定。2011年春にはAndroid 2.2へのバージョンアップが予定されている。価格は、購入サポートなど店頭の割引施策込みで、一括で3万円台前半になる見込み。

東芝製の液晶テレビ「レグザ」の高画質化技術をもとにした「モバイルレグザエンジン3.0」を搭載。超解像、フレーム補間などの技術により、4インチ・フルワイドVGAの大型液晶で、ワンセグや動画コンテンツを高画質に楽しめる。充電を行える専用の卓上ホルダーがパッケージに同梱される。

IPX5/7等級の防水性能を実現し、各端子カバーなどにはパッキンが装着されている。上面にある3.5mmイヤホンジャックにカバーなどは用意されていないが、ジャック部分に水が入っても、内部の基板には浸水しない仕組みになっている。このため、水に濡れた後にイヤホンを使う際は、よく乾かすなどの対応が必要。

おサイフケータイやトルカ、赤外線通信がサポートされており、spモードをサポート。(中略)32GBまでのmicroSDHCカードを利用でき、16GBのmicroSDHCカードが同梱される。

(中略)

通信方式は3G+GSM。HSDPAとして下り最大7.2Mbps、HSUPAとして上り最大5.7Mbpsがサポートされる。無線LAN、GPSが利用できる。Bluetoothはバージョン2.1。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - ビジネスで一番、大切なこと この記事をクリップ!Livedoorクリップ - ビジネスで一番、大切なこと BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#book ビジネス書は、最近めっきり読まなくなってきました・・・感動するビジネス書が少なくなってきたことと、歴史小説にはまっていて、ビジネス書を読む時間がもったいなく感じていることが原因です。

そんな中、ちょっと気になっているヤンミ・ムン著「ビジネスで一番、大切なこと」(ダイヤモンド社:2010年08月)という書籍。きっかけは、以下の Tweet です。

通勤中に「ビジネスで一番、大切なこと」を読書中。 常々思うが、やはりこの書籍は今まで読んだ書籍の中で一番だ(^_^) 模倣や偽物の商品が横行してる不愉快な現実にガッカリしても、これを読めば、そういう現実と再び戦う勇気がもらえる(^_^)

私のように、年齢を既に重ねてしまった人でも「感動」できるのかな、とちょっと疑っていますが、近所の本屋にもコーナーがあるほどですから、なんかあるのでしょう。仕事がら、こうした流行には、目を通す必要があるかも・・・

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 勝海舟について読みたいなら・・・ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 勝海舟について読みたいなら・・・ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

「竜馬がゆく」を読了して、その興奮冷めやらないところですが、司馬遼太郎氏の「燃えよ剣」を読み始めました。それにしても、この私が歴史小説にはまるとは・・・自分でも驚きの発見なのですが。

「燃えよ剣」は既にご存知の方が多いと思いますが、土方歳三が主人公です。「竜馬がゆく」に登場しているので、まずか司馬遼太郎氏の本からと思って読み出したわけです。これはこれで面白く読んでいますが、それにしても坂本竜馬に大きな影響を与えたという勝海舟が気になる!

ネットを調べると、やっぱり同じようなことを考えている方がいらっしゃって・・・ちょっと引用してみましょう。引用は、「Yahoo!知恵袋::勝海舟を描いた小説でお勧めがあれば、教えてください」といういわゆる質問をネットで公開するサイトです。

勝海舟を描いた小説でお勧めがあれば、教えてください。
司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んで坂本龍馬の理論武装の師である勝海舟に興味を持ちました。この勝海舟を描いた小説でお勧めがあれば、教えてください。

これ、私の質問ではありませんよ!ただ、まさにこれと同じ思いなわけでして・・・そして、その解答群が参考になりました。それも引用しておきますね。

勝海舟といえば、何と言っても子母沢寛でしょう。ずばり「勝海舟」という作品もありますが、少年時代の海舟と破天荒な父親の小吉との交流を描いた「父子鷹」、「おとこ鷹」の2部作が抜群に面白いです。

上記は、質問に対して「ベストアンサー」として選定されたものですので、まさに私にとっても「ベストアンサー」になるのでしょう。上記で指摘されている「勝海舟」は、全部で6巻!長編ですよね。覚悟がいるかな、読了するためには・・・

ちょっと他の解答も掲載しておきましょう。

子母沢寛の「勝海舟」(新潮文庫全6巻)は大河ドラマにもなってますし、その前日譚である「父子鷹」「おとこ鷹」(嶋中文庫・講談社文庫)も、何度もドラマ化されました。

あと、村上元三が、青樹社の書き下ろしシリーズで書いた「勝海舟」(現・学陽文庫)も、コンパクトながら、味わい深くてお手軽でオススメ。(やたら誤植が多いのは、村上さんのせいじゃないよ)

海舟の談話「氷川清話」なんかは、現代語だし、講談社学術文庫、角川文庫など、いろいろ出ているので読んでみてもいいでしょう。ただし、記憶違いなのか、ホラなのか、史実の間違いも多いですけどね。

勝海舟は読んだことはないのですが以下の本があります。
「幕末最後の剣客(上下)」志津三郎・光文社時代小説文庫・光文社
「勝海舟(全六巻)」子母澤寛・新潮文庫・新潮社
「勝海舟の人生訓」童門冬二・PHP文庫・PHP研究所
「勝海舟」船戸安之・成美文庫・成美堂出版
「勝海舟(上下)」村上元三・徳間文庫・徳間書店
「勝海舟と坂本龍馬」加来耕三・PHP文庫・PHP研究所
「小説海舟独言」童門冬二・講談社文庫・講談社/文春文庫・文藝春秋
「父子鷹(上下)」子母澤寛・新潮文庫・新潮社/徳間文庫・徳間書店
「江戸っ子武士道・海舟と南洲」城昌幸・春陽文庫・春陽堂書店
「勝海舟」高野澄・徳間文庫・徳間書店
「勝海舟」山田克郎・鶴書房
「新幕末風雲録・完結編」峰隆一郎・ノンポシェット・祥伝社

結構ありますよね~

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 内田樹氏の新刊 2 冊・・・ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 内田樹氏の新刊 2 冊・・・ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#books ちょっと気になる Tweet を発見しましたので、自分用のメモとして・・・

@levinassien: 『もういちど村上春樹にご用心』(アルテスパブリッシング)の見本刷りが届きました。きれいな本です。中身の40%くらいが新しいものです。旧版をもっている人も買ってくださいね~。(「Tweet」より)

@levinassien: 『例外の奇才山田風太郎』に山田風太郎論(というほどでもないですね)を寄稿したのが、届きました。関川夏央さんや橋本治さんや桐野夏生さんも書いてます。(「Tweet」より)

はまっている内田樹氏の Tweet です!