Skip to content

Zero Base

Thinking and Creating from the Scratch

Archive

Tag: 歴史小説
このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「一夢庵風流記」を読了・・・完全に隆慶一郎シンドロームです! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 「一夢庵風流記」を読了・・・完全に隆慶一郎シンドロームです! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

一夢庵風流記一夢庵風流記1#rekishi #books 隆慶一郎氏の時代小説には待っていますが、今回は、隆慶一郎著「一夢庵風流記 改版」(新潮文庫:2007年12月)一夢庵風流記2を読了。最近は、仕事で中距離、長距離の移動が多いので、移動の時間だけできっちろと読了できました!

しかし・・・私、完全に「隆慶一郎シンドローム」になったようです。読了すると、次の作品が気になって気になって、どうしても他の作品に移動できませんません。他の作品との併読も試みましたが、やっぱり隆氏の作品に戻っている・・・まっ、小説はそれで良いかな、とも考えていますが。

この「一夢庵風流記」もかなり楽しめました!主人公は、「天下の傾奇者(かぶきもの)として知られる男がいた。派手な格好と異様な振る舞いで人を驚かすのを愉しむ男、名は前田慶次郎」ってことですが、まったく私は知りませんでした・・・まっ、歴史の教科書に登場するような人物ですら知らない方が多い私ですから、当然といえば当然ですが、それがまた面白い。時代小説を楽しむというより、主人公の生き方に面白さがあるし、憧れも感じるからでしょう。

驚きと新しい発見があるのも隆慶一郎氏の時代小説の面白さなのでしょうけど・・・この「一夢庵風流記」での新しい発見は、主人公の前田慶次郎がいまや誰でも知っている!?直江兼続と親友関係にあった、という設定。どうやら史実のようですが、現在、ビジネスの世界では、この直江兼続の参謀としての力量に注目すべきと叫んでいる方々が多い中、既に直江兼続と前田慶次郎を描いている・・・更には、上杉景勝も登場・・・更には徳川家康や伊達政宗といった歴史人も登場してくる・・・

もう、その展開の速さに感動しながら、「徳川家康 + 伊達政宗」 vs. 「上杉景勝 + 直江兼続 + (前田慶次郎)」という構図が、なんだか私には新鮮でした・・・

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 隆慶一郎シンドローム・・・「死ぬことと見つけたり(上巻)」を読了! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 隆慶一郎シンドローム・・・「死ぬことと見つけたり(上巻)」を読了! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

死ぬこととと見つけたり2死ぬことと見つけたり3#books #rekishi 隆慶一郎氏の「吉原御免状」を読了し、他の歴史・時代小説を読もうと物色していたのですが、なんとも隆慶一郎氏のほかの書籍が気になって気になって・・・何ともいえない感情に襲われたのですが、それでも何とか山田風太郎氏の書籍を手に取りました。

ところが、その山田風太郎氏の解説を北川次郎氏が!そして、「隆慶一郎を読み尽くした後、山田風太郎に行き着く」と解説している!そして、隆慶一郎氏にはまったファンを「隆慶一郎シンドローム」と呼ぶことが記述されていました!なるほど、山田風太郎氏の書籍に手を出す前に、完全に隆慶一郎氏を読破しなければ!なんて思いの駆られて・・・

早速近所になる書店へ立ち寄って・・・隆慶一郎著「死ぬことと見つけたり(上巻)改版」(新潮文庫:2007年09月)死ぬことと見つけたりを購入、一気に読了しました。やっぱり面白い!

この本、内容は、佐賀鍋島藩の「葉隠」がベースになっているようですが、私自身は、「葉隠」という言葉を聞いたことはありますが、実際には何のことかまったく解っていませんが、それでも小説の内容には十分楽しめます。そのテンポのよさ、登場人文物の人間模様が何と嬉しい・・・元気をくれる内容です。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 隆慶一郎氏、「吉原御免状」を読了・・・とにかく面白い! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 隆慶一郎氏、「吉原御免状」を読了・・・とにかく面白い! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#books 偶然発見した隆慶一郎という時代伊伝奇小説の作家。本ブログの投稿記事「北上次郎氏、松岡正剛氏が推す隆慶一郎氏って誰!?」でご紹介してから気になっていたので、書店へ出かけていって購入。一気に読了しました、隆慶一郎著「吉原御免状改版」(新潮文庫:2005年11月)吉原御免状2を。

話は、宮本武蔵に育てられた青年剣士・松永誠一郎が色里、「吉原」に行く場面からスタート。吉原が舞台と言うことで、ちょっと内容に不安がありましたが、考えてみれば、どうして吉原があるのか、いつからできたのか、いつ滅びたのか、どうして治外法権のような街があったのか・・・何も知らないことに気が付いて、どんどんと物語に引き込まれていきます。

ちょっと途中、どうしてこんな説明が登場するのかな・・・と考える場面もありますが、どうやらこの「吉原御免状」が、隆慶一郎氏の多くの小説を読む鍵になっているようですから、仕方が無いようですが・・・それにしても、時代伝奇小説って、こんなに面白いなんて・・・感動ものでした!

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 歴史小説初心者は、大河ドラマ白黒時代の原作からが良い!?かな・・・ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 歴史小説初心者は、大河ドラマ白黒時代の原作からが良い!?かな・・・ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#NHK #rekishi #books 歴史・時代小説の初心者である私は、いったい何から読めば良いのかな・・・と、ネットを調べまわっている今日この頃ですが、そう言えば、昨年話題になった NHK の大河ドラマをベースに原作を読み始めたらどうかな、とふっと思い立ちました・・・そんな原作を簡単に調べられるかな、と思っていたら、流石はネット社会!「Wikipedia::歴代大河ドラマの一覧」を参考に、大河ドラマ初期といわれる白黒時代の作品をあっさりリストできました!

リストは、上記のウェブページを参考に、それぞれの原作の概要は、楽天ブックス(リンクしてあります)のものを採用しました。

  • 【第1回】:舟橋聖一著「花の生涯(上・下)新装版 長編歴史小説」(祥伝社文庫:2007年04月)舟橋聖一
    35万石彦根藩主の子ではあるが、14番目の末子だった井伊直弼は、わが身を埋木に擬し、住まいも「埋木舎」と称していた。「政治嫌い」を標榜しつつも、一代の才子長野主膳との親交を通して、曇りのない目で時代を見据えていた。しかし、絶世の美女たか女との出会い、それに思いがけず井伊家を継ぎ、幕府の要職に就くや、直弼の運命は急転していった・・・
  • 【第2回】:大佛次郎著「赤穂浪士(上・下巻」(新潮文庫:2007年12月)赤穂浪士
    画期的な解釈と設定で、忠臣蔵小説の最高峰と讃えられ続ける名作が、今甦る。上巻では、元禄太平に勃発した浅野内匠頭の刃傷事件から、仇討ちに怯える上杉・吉良側の困惑、茶屋遊びに耽る大石内蔵助の心の内が、登場人物の内面に分け入った迫力ある筆致で描かれる。虚無的な浪人堀田隼人、怪盗蜘蛛の陣十郎、謎の女お仙ら、魅力的な人物が物語を彩り、鮮やかな歴史絵巻が華開く。
  • 【第3回】:吉川英治著「新書太閤記(全11巻)」(吉川英治歴史時代文庫:1990年新書太閤記
    動乱の中世に終止符を打ち、新世紀を開いた豊臣秀吉の生涯を描く、規模雄大な出世物語が本書である。民衆の上にあるのではなく、民衆の中に伍してゆく英雄として、秀吉は古来、誰からも愛されてきた。―奔放な少年時代を過した日吉が、世間を見る眼も肥え、生涯の主君として選んだのが、うつけで知られる織田信長であった。随身を機に名も木下藤吉郎と改め、着実に出世街道を歩んでいく。
  • 【第4回】:村上元三著「源義経(全4巻)」(人物文庫:2004年05月)源義経
    平家が我が世の春を謳歌していた平安後期、洛北・鞍馬寺で文武の修業に明け暮れる遮那王は、源氏再興の輿望を担いながらも迫り来る身の危険を避けるため、弁慶らを従えて東下りの途につく。近江の国・鏡の宿で元服し名を改めた義経は、みちのくの雄・藤原秀衡と対面する…。悲劇の英雄を描く渾身の長編小説の開幕。
  • 【第5回】:オリジナル企画
    幕末の動乱から明治維新を迎えるまでを、旗本の三姉妹の視点から描く。1967年は明治維新から100年に当たるため、題材を幕末のものとした。NHKは100年を何らかの形で題名に入れるべく大佛次郎に打診したが、断られた模様。その代わりとして大佛は自らが執筆した幕末を舞台とした作品(『逢魔の辻』『その人』『薔薇の騎士』など)を元に脚本を書くことを提案し、本作が執筆された。ちなみに、オープニングクレジットでは「大佛次郎原作 より」と書かれている。一応、大河ドラマ初のオリジナル企画と見ることも出来るが、原作は存在する。
  • 【読了】:【第6回】:司馬遼太郎著「竜馬がゆく(全8巻)」(文春文庫:1998年09月)竜馬がゆく
    「薩長連合、大政奉還、あれァ、ぜんぶ竜馬一人がやったことさ」と、勝海舟はいった。坂本竜馬は幕末維新史上の奇蹟といわれる。かれは土佐の郷士の次男坊にすぎず、しかも浪人の身でありながらこの大動乱期に卓抜した仕事をなしえた。竜馬の劇的な生涯を中心に、同じ時代をひたむきに生きた若者たちを描く長篇小説。
このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 鏡川伊一郎氏の「月琴を弾く女 – お龍がゆく」を読了 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 鏡川伊一郎氏の「月琴を弾く女 – お龍がゆく」を読了 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

月琴を弾く女月琴を弾く女1#bakumatsu 「竜馬がゆく」、「燃えよ剣」、「相棒」と幕末をテーマとする歴史・時代小説を読了してきて、「どうやら同じ人物を描いていても、その性格やイメージは、作家さんによって相当違っていそうだな・・・」と感じているのですが、それがまた面白い。坂本竜馬といえば、幕末を代表とする英雄!?としてイメージされていますが、どうも司馬遼太郎氏の坂本竜馬だけが全てではなさそうです。

そこで、「文庫王国(2010-2011)」に紹介されていた鏡川伊一郎著「月琴を弾く女 – お龍がゆく」(幻冬舎時代小説文庫:2010年06月)月琴を弾く女2に興味があって購入、一気に読了しました。

タイトル通り、坂本竜馬とその妻とされるお龍の物語。激動の幕末期を生きた2人の波乱万丈の夫婦生活・・・なんて思っていたのですが、実のところ、そうしたふうふう生活に焦点が当たっているというよりは、激動期を東方西走する坂本竜馬を取り巻く男達、そうした男達を支えるお龍とお龍周辺の女達を取り巻く人生を描いているように思います。後半の坂本竜馬の死後のストーリー展開は、鳥肌が立つほど面白かった・・・(いけません・・・更に歴史小説にはまりそうです・・・)。

注目は、作者、鏡川伊一郎氏の「新聞記者、商社、調査会社勤務」という経歴。空想のなかで物語を作成するというよりも、徹底した取材、調査がベースになっての物語なので、これまで疑問に感じていた幕末の謎が、す~っと入ってきます。それこそ、現場にいたのでは!?なんて感じさせる展開とその速さは、とっても好感が持てました!

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 角川文庫より山田風太郎ベストコレクションが刊行されているんだ! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 角川文庫より山田風太郎ベストコレクションが刊行されているんだ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

北上次郎著「冒険小説論」(双葉文庫:2008年06月)冒険小説論2を読み返してみると、結構時代小説が紹介されています。冒険小説がやはり時代小説に追い求めることができそうで、ちょっと嬉しい感覚になっていますが・・・

上記の本で、山田風太郎氏の本の解説する章がある!これは記録しておく必要がありそう。更に、「趣味の店・空想堂::角川文庫より山田風太郎ベストコレクション刊行開始。」という投稿記事を発見したので、ちょっと引用しておきます。

2010.07月:甲賀忍法帖、虚像淫楽
2010.08月:警視庁草紙(上・下)
2010.09月:天狗岬殺人事件、太陽黒点
2010.10月:伊賀忍法帖、戦中派不戦日記
2010.11月:幻燈辻馬車、風眼抄
2010.12月:忍法八犬伝、忍びの卍
2011.01月:妖説太閤記(上・下)
2011.03月:地の果ての獄(上・下)
2011.06月:魔界転生(上・下)
2011.09月:誰にも出来る殺人、夜よりほかに聴くものもなし
2011.12月:風来忍法帖、あと千回の晩飯
2012.03月:柳生忍法帖(上・下)
2012.06月:人間臨終図鑑(上・中・下)
2012.09月:妖異金瓶梅、明治断頭台
2012.12月:おんな牢秘抄、くノ一忍法帖

内訳は忍法帖8、明治もの4、時代もの3、推理もの5、エッセイ他4。忍法帖がやや多め。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 北上次郎氏、松岡正剛氏が推す隆慶一郎氏って誰!? この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 北上次郎氏、松岡正剛氏が推す隆慶一郎氏って誰!? BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

【追記:2011年01月03日】
ちょっとネットを調べてみると・・・「Wikipedia::隆慶一郎」を見つけましたので、自分用に引用しておきましょう。

1984年、小説家としての第一作『吉原御免状』を発表。隆慶一郎は、この時に名乗った筆名である。小説家時代は時代小説を中心に執筆活動をおこなう。代表作として『吉原御免状』、『影武者徳川家康』、『一夢庵風流記』、『捨て童子・松平忠輝』が挙げられる。

なるほど・・・上記を今後購入するかもしれませんから、ちょっと参考までに。

ちょっと思い出して、北上次郎著「冒険小説論」(双葉文庫:2008年06月)冒険小説論1を見返してみると・・・あった!隆慶一郎氏の章がある!それによれば、北上氏の隆慶一郎氏のベスト 3 は、「影武者徳川家康」、「一夢庵風流記」、「捨て童子・松平忠輝」だと主張していますが、それよりも隆慶太郎という作家の章があることで、益々興味がわいてきた!

【公開時、投稿記事】
北上次郎氏の書評で、歴史・時代小説に関するものを発見!ちょっと気になったので引用しておこう。

(宮本昌孝著「家康、死す」にある)帯に大きく、「26歳、家康が殺された」とあるのでドキリとする。隆慶一郎の傑作「影武者徳川家康」で家康が死んだのは関が原の戦いだったことを思い出す。ここではその遥はるか前なのである。

(中略)

素晴らしいのは、26の若さで徳川家康が殺され、あとは影武者がつとめたという本書の仮説で、新しい世界が見えてくることだろう。隆慶一郎『影武者徳川家康』のときにも同様のことを感じたものだが、まだ家康ネタでこういう感慨を覚えるとは思ってもいなかった。時代小説というジャンルが持つ豊かな土壌と、宮本昌孝という才能の幸せな融合がここにある。余韻たっぷりのエピローグまで存分に堪能できる傑作だ。

(引用は、「YOMIURI ONLINE(読売新聞)::『家康、死す』 宮本昌孝著 : 書評 : 本よみうり堂」より)

上記の書評から、ネット検索を掛けてみると、「松岡正剛の千夜千冊::『吉原御免状』隆慶一郎」を発見!ちょっと引用しておこう。

いやー、参った。唸った。だいたいこの作家が誰であるかも知らずに読んだせいか、よけいに驚いた。それに、いまなお吉原の「見世清掻」(みせすががき)の三味線の調べや松永誠一郎の弱法師めいた不思議な歩きっぷりとともに、当時に一読したときの衝撃がのこっている。

こういう本があるということは、たしか民放のTVディレクターから教えられたのだと記憶する。時代小説がめっぽう好きなディレクターだった。けれども、それも「すごくおもしろいですよ」という程度だったとおもう。ところが、読んで脱帽、すごくおもしろいですよどころではなかった。傑作でもある。時代小説の名作かもしれない。

加えて、隆慶一郎という名前も聞いたことがない作家が、もとは映画やテレビで活躍していたシナリオライターの池田一朗で、『にあんちゃん』などを手掛けていたこと、さらにはもともとは東大仏文科で辰野隆や小林秀雄に師事していたことも意外だったが、さらに驚いたのはこの『吉原御免状』が正真正銘のデビュー作で、それも61歳になって初めて小説を書いたというのであるから、ますます感服した。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 幕末・・・夢のコラボ、「相棒」を読了しました! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 幕末・・・夢のコラボ、「相棒」を読了しました! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

相棒相棒1#bakumatsu 司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」、「燃えよ剣」と歴史小説を読了して、すっかり歴史・時代小説にはまってしまって、更なる小説を探していると、雑誌「おすすめ文庫王国(2010-2011)」を手にとってみると、そこに 2010年ジャンル別ベスト 10 というのがあって・・・

その中に、坂本竜馬と土方歳三がコラボを組む小説、五十嵐貴久著「相棒」(PHP文芸文庫:2010年10月)相棒2が紹介されていました!こりゃ、読むしかないでしょ、「竜馬がゆく」、土方歳三主役の「燃えよ剣」を読了したんだから!

坂本竜馬と土方歳三・・・正に幕末のヒーローの2人だそうで。史実とは、きっと違うんだろうな、と感じながらも、「相棒」なる背景は、「もしかしたら本当にあったかもよ」と錯覚させてくれるようなもの。まっ、こうした時代小説は、楽しめればいいんでしょ!ちぐはぐな会話は、正にイメージ通り。

私は、坂本竜馬よりも、徹底して新撰組にこだわった土方歳三のほうが個人的には好きですが、どうも知性が感じられないのが残念ですが、それでも土方の生き方は、実践してみたいな、と感じさせてくれます。

物語上で、竜馬が暗殺されて、土方歳三が・・・「てめえが殺したのは坂本じゃねえ。この国の明日だ」って台詞は、もう圧巻です!時間の経過と共に、「敵」ともいえる坂本竜馬に、声には出さずとも、信頼感を持ち、更に、この「国」を任せるにふさわしい、と理解していた土方歳三像は、素晴らしいの一言でした!

文体も平易だし、あれよあれよと読み進んでいける・・・幕末の竜馬と土方。もう感動ものの一冊でした!

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 一流社員が読む本::スタンダードともいえる歴史小説名作群 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 一流社員が読む本::スタンダードともいえる歴史小説名作群 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

歴史小説を読んでいこうとする時に、やっぱり「これは読んでおかないとね」といった名作があるんですよね・・・どんな領域でも同じでしょうけど。ウェブページ「一流社員が読む本::スタンダードともいえる歴史小説名作群」には、そんなスタンダードな書籍がリストされていますから、自分用に引用しておきます。

吉川英治の『宮本武蔵』は息が長い。最初にベストセラーになったのが戦時中であり、半世紀以上経った今も売れ続けている。

戦後は司馬遼太郎の『竜馬がゆく』が時代小説のかたちをとった青春小説の典型である。戦後は司馬遼太郎の『竜馬がゆく』が時代小説のかたちをとった青春小説の典型である。

池波正太郎の『鬼平犯科帳』も人気が高い。同心や密偵、あるいは敵対する盗賊を前面に出し、鬼平はまとめ役として一歩引いた感じで登場する。にもかかわらず、その大きな存在感はすばらしい。

戦時中、新聞連載されていた子母澤寛の『勝海舟』には逸話がある。敗戦時、GHQが「封建的な精神を助長する読み物は掲載中止」といってきた。当時、江戸開城の場面だったが、担当者が「これはGHQがやって来た場面を、時代もののかたちを借りて説明しているんです」と抗弁し、通ったそうだ。戦中戦後とも史観を変えずに書き継がれた大作だ。

郷里の史上の人物、上杉鷹山を描いた藤沢周平の遺作『漆の実のみのる国』を挙げたい。司馬.太郎が国を憂うると大所高所から論じるが、藤沢は「この国が何とかよくなってほしい」という「祈り」を描き、漆が実り、風にかさかさ揺れる場面で終わる。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 一流社員が読む本::さまざまな歴史をさぐる時代小説 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 一流社員が読む本::さまざまな歴史をさぐる時代小説 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

気になりますね~ちょっと懲りすぎかな・・・そんなことは無いと信じて、興味深いウェブページ、「一流社員が読む本::さまざまな歴史をさぐる時代小説」を抜粋して記録しておきます。

今でこそ時代小説の中に政治・経済が描かれるのは当たり前だが、戦後、これが顕著なのが杉本苑子の『狐愁の岸』である。

同じ女性作家、永井路子は、『炎環』で、鎌倉時代を戦国、幕末に次ぐ第三の激動期として位置づけた。

津本陽といえば、『下天は夢か』が有名だが、ここでは同じ信長を扱った『本能寺の変』を挙げたい。前者が書かれたのはバブル期で、祝祭空間で颯爽と活躍する信長の姿が描かれている・・・

更に上記のページには、海外の歴史小説もリストされています。

時代小説の舞台は日本だけではない。海外ものもいくつか入れておいた。日本では信長や秀吉、家康といった天下人がヒーローになる場合が多いが、中国では違う。外敵の侵略を退けた人物の人気が高い。その代表格が田中芳樹が『岳飛伝』で描く主人公、岳飛だ。同じく海外ものとして、インドで実在した暗殺団を扱った東郷隆の『蛇の王』を推薦したい。イギリスの植民地政策で暴政が敷かれたインド。それに対抗して外部から来る人間を次々に消す暗殺団を描き、どちらが正か邪か、相対化した史観を打ち出している。塩野七生『ローマ人の物語』も歴史解釈、ひいては人間解釈の興味尽きない作品として読める。