Skip to content

Zero Base

Thinking and Creating from the Scratch

Archive

Archive for 12月, 2010
このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - WordPress 3.0.4 へアップグレード この記事をクリップ!Livedoorクリップ - WordPress 3.0.4 へアップグレード BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#wordpressjp この年末の忙しい時に・・・ダッシュボードに「WordPress 3.0.4」のメッセージ!なんと、バージョンアップのメッセージ。どうやらセキュリティーに関する問題を修正したらしい!そこで、早速「自動アップグレード」を強行・・・(以前の反省はまったく活かされず!Plugin の互換性も考えずに・・・)

完了後、いろいろと動作確認していますが、今のところ問題なし!

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 藤沢周平氏、何から読もうかな・・・ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 藤沢周平氏、何から読もうかな・・・ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

司馬遼太郎氏の本を読むと、意外と「美談」が多いような気がするのは私だけでしょうか?もうちょっと違った視点での歴史小説が読みたいな、と思って、藤沢周平氏を注目しているのですが、なかなかどれから読もうかな、と迷ってしまっています。

迷っている位なら・・・と考えて、「今をときめく歴史小説作家」を選定しようかな、と思い立って、本ブログの投稿記事、「一流社員が読む本::最新作家による歴史小説の名作」にある火坂雅志氏の歴史小説「天地人」を調べてみると・・・ Amazon のカスタマーレビューにとっても興味深い内容が・・・ちょっと引用しましょう!

直江兼続の生涯をトータルで描いた作品及び大河ドラマの原作という事で、不安と期待で読んでみたのだが、不安の部分が大いに占める内容だった。藤沢周平氏の『密謀』とは文章力と構成の格が違い、非常につまらない小説だった。

内容が面白い面白くないは、個人差がありますから、そうしたレビュー内容は、どうでも良いのですが、それよりも「藤沢周平氏の「密謀」」文言が気になる・・・更に、この藤沢周平氏の本を調べると・・・更に興味深い内容のレビューが!引用しておきます。

何時の世も、どの国も歴史は「勝者」からの視点で語られてきた。 敗者は悪しざまに汚名をそそがれ、滅び散ってゆく。

本書は関ヶ原における「敗者」である上杉影勝とその参謀の直江兼続を中心題材 とした歴史小説である。史実を元にした歴史小説だが堅苦しさは全くなく、 登場人物は皆、藤沢周平特有の人間味の溢れた魅力のある人物像で描かれている。 又、史実の描写とフィクションであろう場面の描写のバランスは絶妙で時代小説 としての面白さも十分に堪能できる。

(中略)

そして、徳川幕府によって会津120万石から米沢30万石に減封された上杉の物語りは 藤沢周平の遺作となる「漆の実のみのる国」へ継承される。

どうやら、この辺から読んでいこうかな・・・

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 幕末・・・夢のコラボ、「相棒」を読了しました! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 幕末・・・夢のコラボ、「相棒」を読了しました! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

相棒相棒1#bakumatsu 司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」、「燃えよ剣」と歴史小説を読了して、すっかり歴史・時代小説にはまってしまって、更なる小説を探していると、雑誌「おすすめ文庫王国(2010-2011)」を手にとってみると、そこに 2010年ジャンル別ベスト 10 というのがあって・・・

その中に、坂本竜馬と土方歳三がコラボを組む小説、五十嵐貴久著「相棒」(PHP文芸文庫:2010年10月)相棒2が紹介されていました!こりゃ、読むしかないでしょ、「竜馬がゆく」、土方歳三主役の「燃えよ剣」を読了したんだから!

坂本竜馬と土方歳三・・・正に幕末のヒーローの2人だそうで。史実とは、きっと違うんだろうな、と感じながらも、「相棒」なる背景は、「もしかしたら本当にあったかもよ」と錯覚させてくれるようなもの。まっ、こうした時代小説は、楽しめればいいんでしょ!ちぐはぐな会話は、正にイメージ通り。

私は、坂本竜馬よりも、徹底して新撰組にこだわった土方歳三のほうが個人的には好きですが、どうも知性が感じられないのが残念ですが、それでも土方の生き方は、実践してみたいな、と感じさせてくれます。

物語上で、竜馬が暗殺されて、土方歳三が・・・「てめえが殺したのは坂本じゃねえ。この国の明日だ」って台詞は、もう圧巻です!時間の経過と共に、「敵」ともいえる坂本竜馬に、声には出さずとも、信頼感を持ち、更に、この「国」を任せるにふさわしい、と理解していた土方歳三像は、素晴らしいの一言でした!

文体も平易だし、あれよあれよと読み進んでいける・・・幕末の竜馬と土方。もう感動ものの一冊でした!

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 一流社員が読む本::スタンダードともいえる歴史小説名作群 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 一流社員が読む本::スタンダードともいえる歴史小説名作群 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

歴史小説を読んでいこうとする時に、やっぱり「これは読んでおかないとね」といった名作があるんですよね・・・どんな領域でも同じでしょうけど。ウェブページ「一流社員が読む本::スタンダードともいえる歴史小説名作群」には、そんなスタンダードな書籍がリストされていますから、自分用に引用しておきます。

吉川英治の『宮本武蔵』は息が長い。最初にベストセラーになったのが戦時中であり、半世紀以上経った今も売れ続けている。

戦後は司馬遼太郎の『竜馬がゆく』が時代小説のかたちをとった青春小説の典型である。戦後は司馬遼太郎の『竜馬がゆく』が時代小説のかたちをとった青春小説の典型である。

池波正太郎の『鬼平犯科帳』も人気が高い。同心や密偵、あるいは敵対する盗賊を前面に出し、鬼平はまとめ役として一歩引いた感じで登場する。にもかかわらず、その大きな存在感はすばらしい。

戦時中、新聞連載されていた子母澤寛の『勝海舟』には逸話がある。敗戦時、GHQが「封建的な精神を助長する読み物は掲載中止」といってきた。当時、江戸開城の場面だったが、担当者が「これはGHQがやって来た場面を、時代もののかたちを借りて説明しているんです」と抗弁し、通ったそうだ。戦中戦後とも史観を変えずに書き継がれた大作だ。

郷里の史上の人物、上杉鷹山を描いた藤沢周平の遺作『漆の実のみのる国』を挙げたい。司馬.太郎が国を憂うると大所高所から論じるが、藤沢は「この国が何とかよくなってほしい」という「祈り」を描き、漆が実り、風にかさかさ揺れる場面で終わる。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 一流社員が読む本::さまざまな歴史をさぐる時代小説 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 一流社員が読む本::さまざまな歴史をさぐる時代小説 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

気になりますね~ちょっと懲りすぎかな・・・そんなことは無いと信じて、興味深いウェブページ、「一流社員が読む本::さまざまな歴史をさぐる時代小説」を抜粋して記録しておきます。

今でこそ時代小説の中に政治・経済が描かれるのは当たり前だが、戦後、これが顕著なのが杉本苑子の『狐愁の岸』である。

同じ女性作家、永井路子は、『炎環』で、鎌倉時代を戦国、幕末に次ぐ第三の激動期として位置づけた。

津本陽といえば、『下天は夢か』が有名だが、ここでは同じ信長を扱った『本能寺の変』を挙げたい。前者が書かれたのはバブル期で、祝祭空間で颯爽と活躍する信長の姿が描かれている・・・

更に上記のページには、海外の歴史小説もリストされています。

時代小説の舞台は日本だけではない。海外ものもいくつか入れておいた。日本では信長や秀吉、家康といった天下人がヒーローになる場合が多いが、中国では違う。外敵の侵略を退けた人物の人気が高い。その代表格が田中芳樹が『岳飛伝』で描く主人公、岳飛だ。同じく海外ものとして、インドで実在した暗殺団を扱った東郷隆の『蛇の王』を推薦したい。イギリスの植民地政策で暴政が敷かれたインド。それに対抗して外部から来る人間を次々に消す暗殺団を描き、どちらが正か邪か、相対化した史観を打ち出している。塩野七生『ローマ人の物語』も歴史解釈、ひいては人間解釈の興味尽きない作品として読める。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 一流社員が読む本::平成時代小説の基礎となった作品 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 一流社員が読む本::平成時代小説の基礎となった作品 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

「一流社員が読む本::平成時代小説の基礎となった作品」というウェブページ・・・気になりますね~ちょっと自分用のメモとして引用しておきます(引用は、自分がきになる箇所のみ書き出しています)

日本人ならお馴染みの忠臣蔵。だが、浅野内匠頭がなぜ吉良を斬ったか、という理由は明らかではない。この謎を謎のまま、ストーリーを展開したのが池宮彰一郎の『四十七人の刺客』である。

吉原に新解釈を示したのが隆慶一郎の『吉原御免状』だ。

文庫本の書き下ろし時代小説が山のように出ているが、その先駆けが峰隆一郎の『人斬り弥介』。増える浪人に頭を悩ませた奉行、大岡越前が、主人公の妻子を人質にとり、浪人斬りをさせる。

文庫書き下ろしの現在の雄が佐伯泰英であり、『密命』は佐伯が最初に書いた時代小説シリーズである。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 一流社員が読む本::最新作家による歴史小説の名作 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 一流社員が読む本::最新作家による歴史小説の名作 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

「一流社員」というタイトルがあまり好きではありませんが、それでもウェブページ、「一流社員が読む本::最新作家による歴史小説の名作」の内容は参考になりそうですから、本文中に登場している作家をリストしておきます。

NHKの大河ドラマの原作、火坂雅志の『天地人』。主人公、直江兼続は、関ヶ原の戦いで西軍についたため、領地を減らされ、米沢へ転封されるが、家臣をひとりもリストラせず、彼らを食べさせるために殖産興業を推進し、農業の手引書まで作った。まさに未曽有の不況に負けまいとする昨今の中小企業の経営者とだぶる。

学生時代、北方謙三は全共闘の闘士だったが、彼の『水滸伝』はそのときに端を発するキューバ革命への思いがベースになっている。

時代小説を堅苦しく考える必要はない。今、乗りに乗っている書き手の代表、佐伯泰英は「自分の作品はサラリーマンのストレス解消として読んでもらえれば本望だ」としばしば語る。このような側面もあるのだ。

は佐伯泰英と並ぶ当代随一の書き手、山本一力の『あかね空』を冒頭に挙げてみよう。京都から江戸に出てきて苦労しながら店を構えた豆腐屋の二代にわたる物語である。(中略)『御宿かわせみ』も絶品。

吉原の花魁が客の旗本を殺して失踪するところから物語が始まるのが松井今朝子の『吉原手引草』だ。この作品は遊郭の実態をリアルに再現したばかりでなく、小説の基本が目に見えぬもの、つまりは人の思いを描くものであることを実感させてくれる。

昨年生誕100年を迎えた松本清張も時代小説を多く著した。代表作として『無宿人別帳』がある。

現代日本を映す合わせ鏡として読めるのが飯嶋和一の『出星前夜』である。島原の乱=キリシタン一揆という通念を翻し、苛斂誅求に怒った領民たちの反乱としてその顛末をリアルに描き出す。政治の無策ぶりを描いたという意味では、「髷をつけた現代小説」といえるだろう。

時代小説版の「プロジェクトX」ともいえるのが山本兼一の『火天の城』だ。信長による安土城建設の物語であり、匠の国、日本の原型が描かれている。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 時代小説を読む上でのポイント この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 時代小説を読む上でのポイント BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

朝から「歴史小説」やら「時代小説」やらをネットで検索しまくっていますが、ちょっと興味深いウェブページを見つけましたので、ちょっと自分用のメモとして残しておきます。

そのウェブページは、「一流社員が読む本::最新作家による歴史小説の名作」というもの。時代小説に関してとても参考になる前書きがあります。

柳の下の泥鰌を狙い、売れるジャンルに新規参入が相次ぐのは出版の常、時代小説を読みたいが点数が多すぎて何から読めばいいかわからない、という声をよく聞く。(中略)初心者のための必読100冊を選んでみた。ちなみに史実に沿って筋が展開される作品を「歴史小説」、時代という衣装を借りて作者が夢を語るものを「時代小説」というが、本稿では区別せず、時代小説で統一する。

なるほど!「歴史小説」と「時代小説」は明確に違うと明言していますが、ここでは区別しないと断っていますね!更に・・・

作品解説に入る前に、時代小説を読むうえでのポイントを押さえておきたい。

時代小説は過ぎ去った過去の話を扱うから興味がもてない、という人がいる。違うのだ。設定は過去であっても、優れた作品ほど、その内容が現代との合わせ鏡になっている。

(中略)

時代小説は世の中の状況によって売れ筋が変化するのも面白いところだ。20年前、バブル絶頂の頃は、剣豪物や幕末物など威勢のいい作品が売れていたが、崩壊後、すぐに売れ出したのが庶民の日常を描く市井もの。そういう意味では、時代小説は時代を映す鏡でもあるのだ。

戦国武将に興味をもつ女性が増え、歴女(れきじょ)ブームといわれるが、私はこれに否定的だ。断片的な「知識」をいくら増やしても「認識」には高まらないからである。「秀吉が刀狩りを行った」というのは単なる「知識」である。ここから、戦時以外は武器をもたない、世界でも稀な国民ができあがった、という見解をもつことが「認識」にほかならない。知識が認識にまで高まって、初めて歴史を理解するきっかけとなったことになる。

なるほどね!

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 北方謙三氏の歴史小説があるんですね! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 北方謙三氏の歴史小説があるんですね! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

以前から北方謙三氏の小説は読みたいと思っていたのですが、なかなか時間がとれず・・・ではなくて、書店に行っても思い出すことが無くて(すいません・・・)、これまで放置してきましたが、なんとなんと!歴史小説を書いておられるんですね!かなり評判も良い様で(というか、通常の諸説よりも歴史小説の評判の方が上かも・・・)。

ちょっと、「Wikipedia::北方謙三」から引用しておきます。

平安時代

  • 絶海にあらず【藤原純友】(中央公論新社 2005年 / 上・下巻 中公文庫 2008年)

南北朝時代 – 北方が初めて手がけた歴史小説である一連の南北朝ものは、俗に“北方太平記”と呼ばれる。

  • 武王の門【懐良親王】 (上・下巻 新潮社 1989年 / 上・下巻 新潮文庫 1993年)
  • 破軍の星【北畠顕家】(集英社 1990年 / 集英社文庫 1993年)
  • 陽炎の旗 (新潮社 1991年 / 新潮文庫 1995年) – 「武王の門」続編。
  • 悪党の裔【赤松則村】(中央公論社 1992年 / 上・下巻 中公文庫 1995年)
  • 道誉なり【佐々木道誉】(中央公論社 1995年 / 上・下巻 中公文庫 1999年)
  • 波王の秋 (集英社 1996年 / 集英社文庫 1998年)
  • 楠木正成(中央公論新社 2000年 / 上・下巻 中公文庫 2003年)

江戸時代 – 幕末

  • 余燼 (上・下巻 講談社 1996年 / 上・下巻 講談社文庫 1999年) – 「天明の打ちこわし」を背景に描く活劇。
  • 林蔵の貌【間宮林蔵】(集英社 1994年 /集英社文庫 1996年 / 新潮文庫 2003年)
  • 草莽枯れ行く【相楽総三】(集英社 1999年 / 集英社文庫 2002年)
  • 黒龍の柩【土方歳三】(毎日新聞社 2002年 / 上・下巻 幻冬舎文庫 2005年)
  • 杖下に死す(文藝春秋 2003年 / 文春文庫 2006年) – 大塩平八郎の乱を背景に、剣客・光武利之の活躍を描く。
  • 独り群せず (文藝春秋 2007年) – 「杖下に死す」続編。

剣豪小説

  • 日向景一郎”シリーズ
    • 風樹の剣(新潮社 1993年 / 新潮文庫 1996年 『日向景一郎シリーズ1』)
    • 降魔の剣(新潮社 1997年 / 新潮文庫 2000年 『日向景一郎シリーズ2』)
    • 絶影の剣(新潮社 2000年 / 新潮文庫 2002年 『日向景一郎シリーズ3』)
    • 鬼哭の剣(新潮社 2003年 / 新潮文庫 2006年 『日向景一郎シリーズ4』)
  • 寂滅の剣(新潮社 2010年)
  • 活路(講談社 1995年 / 講談社文庫 1998年)

中国史

  • 三国志(角川春樹事務所、全13巻、1996-98)
  • 楊家将(上・下巻 PHP研究所 2003年 / PHP文庫 2006年)
  • 水滸伝(集英社、全19巻、2000-05)のち文庫 
  • 楊令伝 全15巻(集英社)2007-10
  • 史記 武帝記(角川春樹事務所、2008- )

近代史

  • 望郷の道(上・下巻 幻冬舎 2009年)
このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「歴史小説」と「時代小説」って違うんですね! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 「歴史小説」と「時代小説」って違うんですね! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#bakumatsu 司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」、続けて「燃えよ剣」を読了して、ズッポリとはまってしまっている私ですが・・・どうやら幕末物が好きそうだな、とは感じていますが、まだまだ「司馬遼太郎」ファン、とまではいっていないような気がして、いろいろとネットを探しては、次の書籍を探しています。

そこで、「歴史小説」とか「時代小説」なんて検索用語を用いていたのですが・・・なんと!この同じとも考えられる2つの用語、完全に定義が違うのですね~知らなかった!ちょっと、「Wikipedia::歴史小説」から、その違いを明確にしておきましょう。

歴史小説は、主要な登場人物が歴史上実在した人物で、主要な部分はほぼ史実の通りに進められる。著者がその主人公の生き方や思想に感動したことによって物語が生まれ、主人公の行動あるいは言動に、著者が訴えたいモチーフが込められており、純文学的な趣が強い。山岡荘八の『德川家康』や丹羽文雄の『親鸞』、『蓮如』などは典型的な歴史小説といえる。

時代小説は、『銭形平次』のように架空の人物を登場させるか、実在の人物を使っても史実と違った展開をする。徳川光圀(水戸黄門)は実在の人物であるが、『水戸黄門漫遊記』のように助さん・格さんの二人の子分を従え、諸国を巡り歩いて裁きをするなどというのは、史実と照らし合わせるとかなり荒唐無稽である。いくら「天下の副将軍」でも、大名が勝手に他の領主の領地に入ることは禁止されていたからである。つまり、史実や著者の訴えよりも面白さ、いわゆるエンターテインメント性を重要視したのが時代小説である。吉川英治の一連の作品や池波正太郎の『鬼平犯科帳』などは時代小説である。かつて「チャンバラ」と呼ばれた劇を「時代劇」というが、その小説版と見てもいい。

まっ、定義はどうでも良いのですが、それでも真実に基づいているのか、はたまた架空の人物なのかを知って物語を読み進めるのとでは、まったく違っていると私は考えているのですが・・・そういう意味では、私は「歴史小説」が好きなはず!