Skip to content

Zero Base

Thinking and Creating from the Scratch

Archive

Archive for 10月 12th, 2010
このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - ニュー・パワー・テニス:日本人のテニススウィング革命 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - ニュー・パワー・テニス:日本人のテニススウィング革命 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#tennisjp #tennisbaka 最近の娘・・・2週間前から、これまで慣れ親しんできたストロークの大幅改良を始めました。10年近くも同じフォアーストロークにバックハンドストローク。ネットプレーを主体にテニスの試合を組み立てるのであれば、ストロークの改善が必須、というのがコーチの主張です!

げっ!今ですか!?試合があるんですけど・・・

と内心思いましたが、ほぼ1年中あるテニスの試合のため、修正らしい修正をこれまでやったことがないので、娘も大賛成なので、まずは基本からの出直しとなりました。ミスショットさえなくなれば・・・との思いもありますが、それよりも、「ネットプレーのためのストローク改造」という言葉大きく影響しているらしい。まっ、実際に試合をするのは、娘ですから、本人が積極的ならそれはそれで良いかな・・・

ということでコーチのレッスンを聞いていると・・・どうやら「捻転運動」を強調しているらしい!んっ!?何が新しいのかなと感じながらも、娘にとっては未知の世界らしい。捻転運動、コンパクトなスウィング、細かなフットワーク、体幹の強化・・・な~るほど。

上記のようなキーワードで検索すると、ちょっと気になるサイトにぶち当たりました!それが「ニューパワーテニス」のウェブサイトと、同じ運営者のブログ、「ニュー・パワーテニス::ガラパゴス化したジャパンテニス」というやつ。

ちょっと引用しておくと・・・

日本人と外国人のテニスが違っています。日本のテニスの基本はスクエア・スタンス打法で体重移動のスイングです。外国人はオープン・スタンスでトルクの腕使いで打っています。何が違うのか考えてみましょう。(上記ブログから)

更に気になる内容を・・・

「ニュー・パワー理論で科学的に外国人のトッププロの両肩を回してスウィング方向の回転パワーを溜めるテークバックを科学的に証明した」と書いてレポートを日本テニス協会とプロテニス協会に平成18年度に5回送り、それ以後もいろんな文章を送りました。“日本テニススウィング革命”を出版したとお知らせしても、何の返答も有りません。説明してくれとは、東京に呼んでいただけません。

ニュー・パワー理論を採用していただこうと、これまで精一杯、努力してきました。現在の日本テニス協会とプロテニス協会の資格は、現代日本人の足使いと腕使いの習癖の限定された回転移動のメカニズムの指導資格です。ストロークでは、スクエア・スタンスで前足を踏み込み体重移動をしてスウィングする4拍子のスウィング・メカニズムです。それでは、外国人トッププロのようなスウィング・メカニズムの指導が、ほとんどできないのです。

私、こうした新しい試みを真剣に考えている方、本当に好きなんです。何か「本気」で変えようと考えている・・・こんな方が、きっと何かを変えてくれるはず!早速、書籍を購入してみようかな・・・

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - Social Networks vs. Information Networks って!? この記事をクリップ!Livedoorクリップ - Social Networks vs. Information Networks って!? BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#Facebookjp #Twitterjp 既にずっぽりとはまっている「Twitter」ですが、最近では、Facebook といった日本では、あまりなじみがないサービスが評判になってきました(といっても、Mixi や GREE のようなもの、と説明すると、な~るほど!と理解して頂けると思いますが・・・)

英語ですが、Facebook と Twitter を例にとって、明確にその違いを説明してくれる投稿記事を見つけましたので、ちょっと引用しておきます。その投稿記事は、「Social Media News and Web Tips – Mashable – The Social Media Guide::Facebook, Twitter and The Two Branches of Social Media」ですが・・・

On Facebook, you’re supposed to connect with close friends. Becoming friends with someone means he or she gets to see your content, but you also get to see his or her content in return. On Twitter, that’s not the case: you choose what information you want to receive, and you have no obligation to follow anybody. Facebook emphasizes profiles and people, while Twitter emphasizes the actual content (in its case, tweets).

まっ、上記からは意外にも当たり前のことが記述されていますよ・・・「Facebook は、近い友人同士のコンテンツのやり取りで、Twitter は自分が興味ある情報のやり取りである」ってことになっていますね。

そこで、登場するのが「Social Networks」と「Information Networks」ということで、前者は、Facebook で後者が Twitter ということになるようです。もうちょっと明確にそれぞれを説明しているので引用しておきましょう。

まずは、「Social Networks」に関してです!

This may seem obvious, but social networks are about your social networks. Specifically, the focus is on your friends, colleagues and personal connections. They are about sharing personal or professional experiences together. They are about keeping in touch with friends rather than discovering news or content. Facebook, LinkedIn, Bebo, MySpace, hi5 and Orkut clearly fall under the “social networking” branch of social media.

友人等の知人とのネットワークを重視するということですね。なるほど・・・そう言われれば、Facebook は知っている友人や知人、離れたところに住んでいるような連中とのコミュニケーションを重視していますね。

一方で・・・「Information Networks」はというと・・・

The concept of an information network is a more recent phenomenon. Information networks are about leveraging different networks to distribute and consume information. While they may utilize an array social media tools in order to find, curate or deliver content, they focus less on what’s happening in your social graph and more on information you want. Twitter may be the best example of an information network, but YouTube (video), Flickr (photos) and Digg (news) are information networks as well.

なるほど!あまり神経質になる必要はないのでしょうけど、こうしたコンセプトが明確になれば、使い方も変わってくるし、その利用方法も理解しやすくなりますね!

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - テニスは日本一!? この記事をクリップ!Livedoorクリップ - テニスは日本一!? BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#tennisjp #tennisbaka テニスは、「世界3位、900万人と言われるテニス人口」って知ってました?データの出典はどこかが明確ではありませんが、テニスコーチである松島徹氏がそのブログ「kids-tennis.com」の投稿記事で公開した情報です!

世界3位、900万人と言われるテニス人口を持ち、一般人がプレーするスポーツとしてはダントツ日本一のテニス。巷のコートは週末は勿論平日昼までも一杯。「テニススクール」という世界唯一の商業システムも日本中で大儲け。学校テニスは1年360日テニス漬け。

(出典:「kids-tennis.com::日本の趣味」より)

まったく知りませんでした!世界第3位の競技人口だっていうこと、日本一の競技人口であること、テニススクールが世界唯一の商業システムであること・・・「テニススクール」ってテニスクラブとは違うんでしょうね、きっと。テニスクラブであれば、名前こそ違っていても、テニスクラブとかテニスアカデミーっていうのは世界中に点在していますし。

もし上記が本当であれば、経営難のテニスクラブは、やっぱりその運営方法が間違っているような気がしますが・・・