Skip to content

Zero Base

Thinking and Creating from the Scratch

Archive

Category: 文具・文房具
このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - トラベラーズノート(パスポートサイズ)のセクション罫リフィールを大人買い! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - トラベラーズノート(パスポートサイズ)のセクション罫リフィールを大人買い! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

SectionSection1#travelersnote 最近購入した「トラベラーズノート::Traveler’s Notebook」のパスポートサイズがかなりのお気に入り・・・ズボンのポケットにひょっと入れて持ち歩けるし、意外と見た目が小さくて戸惑いましたが、使い出したらこのサイズが結構嬉しかったりしています。

リフィールの組み合わせを考えるのが、楽しい時間ですが、サイズが小さいのであっという間にリフィールを使い切りそうで・・・そして、ほとんど迷わず、メモ用のリフィールは、「トラベラーズノート/TRAVELER’S Notebook パスポートサイズリフィル/セクション罫(5mm方眼)」Section2を購入しましたが、あっという間に残り僅か!そこで、このリフィールを一気に大人買いしました・・・このリフィール、切り取るためのミシン目があり、次のリフィールに移行しても、切り取って持ち歩けるし、切り取ってスタンダードの方へ貼り付けても良いし・・・なかなか使い道のあるリフィールです。

ちょっとだけ苦言を呈しておくと、「5mm方眼」っていうのはちょっと小さ過ぎるかな・・・できれば、最低でも「7mm方眼」っていうのがあれば文句なし、といったところかな。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「TRAVELER’S Notebook::トラベラーズノート」パスポートサイズを衝動買い! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 「TRAVELER’S Notebook::トラベラーズノート」パスポートサイズを衝動買い! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有


Traveler's Note
Traveler's Note2#travelersnote 2011年は「トラベラーズノート」で決まり!今までに無く、まったく迷うことなく、手帳をそう決めていたのですが、12月1日に新しい会社に移動してから、どうも細かいスケジュール(1時間や2時間といった予定)が激増して、スケジュールの調整に四苦八苦しています。

「トラベラーズノートのスタンダードサイズ」は、とっても心地良いのですが、頻繁にスケジュール調整が必要になりつつある昨今、普段持ち歩くには、ちょっと大きいかな・・・と感じ出し、「普段持ち歩いて、スケジュール調整をしたり、ちょっとメモを取れるようなサイズの手帳が欲しいかな・・・」なんてことを帰宅途中の電車の中で思い立ち、ふらっと立ち寄った文具ショップで、「TRAVELER’S Notebook::トラベラーズノート:パスポートサイズ」Traveler's Note 2を衝動買いしてしまいました。

既にスタンダードサイズは、かなり使い込んでいますから、慣れているというのもあるし、私のようなずぼらな性格には、この小さなサイズで、シンプルな手帳は、とにかく使い易いはずですから。ただ、予想以上に小さいな・・・(ちょっとビックリ)

ところが、このパスポートサイズ、意外と使い勝手が良い!ズボンのポケットにすっぽりと収まるし、ちょっとしたメモなら十分に満足いくし、メモ用のリフィールには、ミシン目が入っているため、切り取ってスタンダードサイズへ貼り付けることもできる!こりゃ、暫くは、またマイブームになりそうだ!

私個人は、トラベラーズノートの真髄!?であるカスタマイズは、ほとんど実践していませんが、このシンプルな構造の手帳は、私にとっては無くてはならない手帳になりつつあります。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 2011年の手帳も「TRAVELER’S Notebook::トラベラーズノート」で決まり! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 2011年の手帳も「TRAVELER’S Notebook::トラベラーズノート」で決まり! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

TRAVELER'S NotebookTRAVELER'S Notebook Support#travelersnote #travelersnotebook 今年も手帳選定の時期になりましたね!って、ちょっと遅いかな・・・既に、2011年用の手帳選定は完了している方々が多いのでしょうかね。私は、これからです。

といっても、2011年もデザインフィル社の「TRAVELER’S Notebook::トラベラーズノート」TRAVELER'S Notebook Support 3にすることは決まっているのですが。

おおよそ、1年前、長年使っていたバイブルサイズのシステム手帳を A5 サイズに拡張したのですが、6ヶ月ほどで木っ端微塵に壊れてしまって、修理を依頼したら、「購入し直した方が安上がり」ということが発覚したので、一気にシステム手帳熱が冷めてしまって。

その後、購入した「TRAVELER’S Notebook::トラベラーズノート」が想定以上に使い心地が良くて・・・サイズは、A4 サイズの用紙を3つ折にした大きさとこれまたビジネス用には都合が良い。それほど高価でもないし。りフィールも最低限のものは揃っている!

  • 月間スケジュール
  • 週間スケジュール(バーティカルタイプ)
  • 横罫線入りノート

基本は、上記リストした3部構成。その他に、ジッパーケースとカードケースを入れていますが、何と言っても「トラベラーズノート」の名前通り、航空券チケットが丁度収まるサイズは、旅行を楽しくしてくれます(って、謳っていますが、出張が多いと疲れますが・・・)

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - STABILO Bionic Worker::スタビロ バイオニックワーカー この記事をクリップ!Livedoorクリップ - STABILO Bionic Worker::スタビロ バイオニックワーカー BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

スタビロ バイオニックワーカースタビロ バイオニックワーカー2#bungu #stabilo 万年筆の赤インクが、どうしても気に入らない・・・「赤」というよりも、「赤紫」とか「茶色」といった感じがして、「赤」って感じがしない・・・と勝手に決め込んでいました。ちょっとボールペンに戻ろうかな、と考えていたところ。

ふらっと立ち寄ったコンビニエンスストアで見つけた水生ボールペンがなかなか感触が良い!ちょっと試し書きをこれまたなかなか良い感触・・・とにかく滑らかです!太さも 0.5mm とお気に入り。即1本を購入。暫くは、この「水性ボールペン」を使おう・・・

ちょっと驚いたのは、コンビニエンスストアにしては、しゃれたボールペンを置いているな・・・しかも、「STABILO::スタビロ」というドイツのメーカーのボールペン。今やご近所のコンビニでスタビロを購入できる・・・ちょっと詳細が知りたくて検索してみると、この水性ボールペン、「STABILO Bionic Worker::スタビロ バイオニックワーカー」スタビロ バイオニックワーカー3という物だった!

このボールペンに関する解説を「All About::デスクを彩る実力派 スタビロの文具」で発見したから引用しておこう。

ロングセラーが多いスタビロ製品の中でも、特にビジネスマンに支持されているバイオニックワーカー。ブラック、レッド、ブルー、グリーンの基本4色が揃い、長時間握っても疲れないデザインとスムーズな書き心地が世界中のユーザーに支持されています。

ボディには滑り防止の突起と人間工学に基づきデザインされた「くびれ」があり、手にぴったりとフィットして滑りにくくなっています。インクは速乾性・耐光性に優れたリキッドインクを使用。1週間以内ならキャップが外れた状態で放置してもインクは乾きません。また、インクの色や残量が見える窓がデザイン上のアクセントになっています。

デスクを鮮やかに彩るオレンジ色のボディと、持ちやすさ、書き心地のよさに加え、長寿命で鮮やかな発色。仕事道具としてのパフォーマンスは申し分ありません。見た目にも機能にも妥協しない人にこそ使ってほしい1本です。

な~るほど!特に最近発売されたようなボールペンではないんですね!上記で主張されている「鮮やかな発色」は確かで、「赤」って感じの水性ボールペンですね!

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 万年筆にも使える蛍光ペン、ステッドラーのテキストサーファーゲル この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 万年筆にも使える蛍光ペン、ステッドラーのテキストサーファーゲル BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

テキストサーファーゲルテキストサーファーゲル2#bungu 以前、「文具・文房具のKDM」からご紹介頂いた「STAEDTLER/ステッドラー::テキストサーファーゲル」テキストサーファーゲルは、「万年筆の上からでも利用できる蛍光ペン」という謳い文句でした。

日常生活で利用している筆記具は、ここ数年定着して、万年筆なのですが、インクの特徴から、蛍光ペンで上からマーキングすると、インクがにじんでしまう・・・半ば、諦めていたのですが、上記のご紹介を受けて、断然興味が湧いてきました!しかし、「本当かな~」って疑っていたのですが・・・

「ろけろけ +++文房具(万年筆・ボールペンなど)から雑貨まで+++::STAEDTLER(ステッドラー) テキストサーファーゲル 蛍光ペン – テキストサーファーゲル」というブログの投稿記事をみつけ、「ごぁ~本当だったんだ!しかもかなり良さげだ!」と確信したのでした・・・

万年筆に使えるということは、ほとんどの「水性」インクに使えるということになる!?ということは、水性インクのボールペンやサインペンにも使えるということになるのでしょうか!?こりゃ購入するしかないでしょ!

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 万年筆ベストコーディネイト賞 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 万年筆ベストコーディネイト賞 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#bungu 「万年筆ベストコーディネイト賞 2010」が決定したという報道が、何気にみているテレビから流れてきました・・・なんだそれ!?「万年筆ベストコーディネイト賞」って何!?万年筆を日常の筆記具として愛用している私にとっては、聞き流せないニュースです。

ということでちょっと調べてみると・・・ありました!「AFPBB News::万年筆ベストコーディネイト賞2010、布袋寅泰・松下奈緒ら5名が受賞」っていうのが。ちょっと引用しておきましょう。

日本輸入筆記具工業界ならびに国内外筆記具メーカー15社による「ハートラインプロジェクト」が毎年万年筆が最も似合う著名人を選出する「ハートラインプロジェクト万年筆ベストコーディネイト賞」は今年で7回目を迎える。

えっ!もう7年目ということですか・・・まったく知りませんでした、こうした章があるのは。今年の受賞者は・・・

今年度は、ギタリストの布袋寅泰(Hotei Tomoyasu)、女優でピアニストの松下奈緒(Nao Matsushita)、ジャーナリストの鳥越俊太郎(Shuntaro Torigoe)、女優の野際陽子(Yoko Nogiwa)、神戸製鋼ラグビー部監督の平尾誠二(Seiji Hirao)ら5名の受賞者が選出された。

世間の注目は、ギタリストの布袋寅泰氏のようですが、私個人としての注目は、神戸製鋼ラグビー部監督の平尾誠二氏。スポーツ界というと、どうしてもこうした筆記具とは無縁のような勘違いがありますから。