Skip to content

Zero Base

Thinking and Creating from the Scratch

Archive

Category: ビジネス
このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - SAP、Add-On のパフォーマンス この記事をクリップ!Livedoorクリップ - SAP、Add-On のパフォーマンス BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#SAP ちょっと気になる Add-On のパフォーマンスに関する Tweet を頂きましたので、ちょっと備忘録として記録しておきます。

@ #SAP Add-onの大雑把なコーディングのパフォーマンスチェックについては、コードインスペクタ(TrCD:SCID)でのチェックをすることでパフォーマンスを悪くする定番のコーディングがチェックできる……かもです。 @
@yyano
yyano

@ @ http://j.mp/ktyOdp http://j.mp/khk1jE このあたりの資料が使えるかと思います
@yy0ne
Yoshio Yonehara

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - SAP の中堅中小規模企業向けソリューションを SaaS で・・・ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - SAP の中堅中小規模企業向けソリューションを SaaS で・・・ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#ERP #SAP クラウドコンピューティングというのが一種の流行のように言われていますが、基幹業務系システムもその流行に乗っかるように、クラウド化を謳っていますが、どうもピンときません(理解に苦しんでいます・・・)。

「ZDNet Japan::NTTデータ、SAPの中堅中小規模企業向けソリューションをSaaSで提供」というニュースが公開されましたがやっぱり疑問点ばかり・・・自分用に引用しておきます。

NTTデータは11月26日、「SAP Business All-in-One」ソリューションを利用したSaaS「INERPIA/イナーピア」を開発したことを発表した。

(中略)

INERPIAは、中堅中小企業向けERPパッケージであるSAP Business All-in-Oneを、月額利用方式のクラウド型サービスで提供するもの。

(中略)

NTTデータでは、利用企業のメリットとして、自社でシステム構築する場合に比べて、初期投資額やランニングコストの削減を実現できる点や、導入後の運用や効果を見ながらサービスを付加していくといった柔軟な拡張が可能な点を挙げている。

サービスの提供にあたっては、NTTデータソルフィスの加工組立型製造業向けSAP Business All-in-Oneテンプレート、NTTデータの環境配慮型データセンターである「Green Data Center」、クラウド基盤としてNTTデータのクラウドサービス「BizXaaS」を利用する。

INERPIAの利用料金は、1社あたりの初期費用(税別)が1460万円。月額利用料(税別)が1ユーザーライセンスあたり1万9800円(1企業150ユーザーの場合)。アドオン開発などはオプションとなる。

上記から、初期設定に関しては、安価なのでしょうけど、どうなんでしょう・・・5年のスパンを考えた時に本当に安いのかな・・・また、クラウド化することで、どれ位自由度を制限されるのでしょう。結局は、5年後をにらんだ時には、ホスティングするほうが安価だったりして。

暫くは、静観する必要があるのかな。

上記に関するニュースに関連して、気になる Tweet をメモしておきます。

今までのと違いはSAPのライセンス保守費用が月額費になった点ですね。 RT @zerochacool @yy0ne: ホスティングとの違いが知りたい / NTTデータ、SAPの中堅中小規模企業向けソリューションをSaaSで提供 ... http://kvs.co/2eUP
@baborin
Masaru Hiroki

個別ホスティングとの差としては共有サーバーを使うでしょうからスタートが早い。あとアップグレード費も月額費にふくまれてると書いてある。本当なら凄い。 RT @zerochacool げっ!それだけではないですよね、きっと!?? @yy0ne: http://kvs.co/2fZi
@baborin
Masaru Hiroki

@zerochacool 今度、NTTデータソルフィスに詳細聞いてきます。年明けになりそうですが、懇親会を予定しているので。先行しているISIDも、実績が出ているか気になりますね。こっちも探ってみるかな。
@baborin
Masaru Hiroki

@yy0ne @zerochacool SPやNote適用とかが月額費用にはいっているかが気になりますね。HRは法改正パッチ必須ですからね。
@baborin
Masaru Hiroki

@baborin @zerochacool SaaSを謳う以上入っててほしいところです…
@yy0ne
yy0ne

@yy0ne @zerochacool 一方でSP適用が必要がないお客さんにとっては、その分不公平な課金になるという考え方もあります。従量課金というコンセプトに近づけるには、SPは有償、バグ対応などNote適用は費用範囲内というのがベストかもしれません。
@baborin
Masaru Hiroki

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 2011年、SAP コンサルタントの注目は この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 2011年、SAP コンサルタントの注目は BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#ERP #SAP ちょっと前のウェブページですが、「2011年の SAP コンサルタント」の動向を予想している内容がありますので、自分用にメモ・・・ちょっと早い占いのようですけど。

記事は、「SAP Community Network Blogs::Road Ahead for SAP Consultants – 2011」から抜粋です。詳細は、ウェブページを確認して下さいね!

  1. BusinessObjects reporting tools will get significant traction in BW shops
  2. More clients will move from BPS/IP and EC-CS / BCS to BPC
  3. New GL migrations is an area where FI-CO consultants can keep busy
  4. Learn what is possible with HANA and what is not
  5. ABAP rules, again
  6. Virtualization will continue to gain traction
  7. Security and Compliance is a big deal
  8. Data federation can add significant business value
  9. Wait and watch for Business by Design
  10. Capitalize on SAP’s growth in many parts of the world, especially Asia

信じるか信じないかはあなた次第・・・といったところでしょうか。私個人としては、第10項目に記述されているアジア市場の動向です。ヨーロッパ、アメリカレベルまで到達できるかどうか・・・ただ、アジア市場では、「コンサルタント」という認識が薄いので、市場規模(金額)まではきっと到達できないだろうな・・・というのが私の大方の見方ですが。

いよいよ 2010 年も大詰め!

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - SAP StreamWork って何だろう!? この記事をクリップ!Livedoorクリップ - SAP StreamWork って何だろう!? BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#SAP ちょっと気になるので自分用の記録として・・・

SAP StreamWorkはクラウドベースのコラボレーション環境。Facebookのように、参加者のつぶやきや共有情報・活動の最新ステータスが画面上を流れていくUIを新採用。基本機能は無料(!)で誰でも、今すぐ使えます http://streamwork.com/
@sapgn
SAP Japan GOLD NOTES

SAP的コラボレーション支援「SAP StreamWork」がストリーミングテイストを盛り込んで2.0へリニューアル! 何それ?という方はちょっとのぞいてみてください。申し訳ありませんがメニュー表示は英語です(日本語は使えます) http://streamwork.com/
@sapgn
SAP Japan GOLD NOTES

これって、結局は SAP 関係者のための SNS ってことかな~上記の Tweet のリンクを確認すると・・・

What Is SAP StreamWork?
It’s the first and only solution that brings together people, information, and business methods to drive fast, meaningful results.

People: Get everyone on the same page.
Information: Share documents and data all in plain view.
Methods: Provide structure with tools for brainstorming and decision-making.

SAP 関連の人達が、上記のようにオープンになれるのかな・・・さらに、情報の精度はどれ位保障されるのかな・・・「無料」だから、まずは登録することからかな。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 中堅企業も SAP を導入! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 中堅企業も SAP を導入! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#SAP #ERP 私の持論は、「大企業よりもむしろ中堅企業の方が、SAP の導入効果が期待できる」と10年以上も主張しているので、「なんだ今更」とも思いますが・・・

たくさんの中堅・中小企業のみなさまにSAPをお使いいただいています→ "中堅・中小攻略を強めたSAP Business All-in-Oneが首位" ノークリサーチの調査によれば、SAPがシェア首位です http://ow.ly/37gBJ
@sapgn
SAP Japan GOLD NOTES

「SAP Business All-in-One」ではなくても、SAP の導入効果はありますから、お勧めは、レギュラーパッケージの導入です。

【追記】
上記、投稿記事において以下の Tweet を頂きました!

@zerochacool ありがとうございます。ノークの調査はベンダーへのヒアリングではなく、実際にユーザー企業から集めた情報なのでより実態に近いと感じています
@sapgn
SAP Japan GOLD NOTES

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - SaaS 型 BI で多次元分析システムを構築!? この記事をクリップ!Livedoorクリップ - SaaS 型 BI で多次元分析システムを構築!? BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#SAP #ERP ちょっと気になるので、自分用のメモとして・・・

【ZDNet】ブライダル事業のエスクリ、富士通と共同でSaaSを利用した多次元分析システムを構築 ← SAP BusinessObjects BI OnDemand (SaaS型BI) 活用事例です http://ow.ly/35Xve
@sapgn
SAP Japan GOLD NOTES

それにしても「多次元分析システム」って何だろう・・・まさか多変量分析のことではないよね!?興味津々だけど、多変量分析なら間違った使い方をしないことを望みますが。

以前、「需要予測の制度があがらないのでコンサルテーションをお願いします」という依頼があって、「そんなことできない・・・専門家ではありませんから」とお断りしたけど、どうしてもお願いします、ということで、だったら多変量分析でもしてみたらとお勧めしたら、制度が格段にあがったなんて喜んでいたクライアントが存在しましたが、多変量分析は、適応するための条件を知らないと大きな間違いを犯しますよ~

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - コンサルティング料金をリースで支払うって!? この記事をクリップ!Livedoorクリップ - コンサルティング料金をリースで支払うって!? BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#SAP #ERP 最近のクライアントは、「ERP 導入の費用をリースにしたい」というケースが増えてきました。クライアントの支払い方法に関する選択肢は、当然クライアント側にあるわけですが、それにしても「コンサルティング料金」をリースでってどういう意味でしょう?

コンサルテーションは、「有償サービス」であって、「商品」ではありませんから、リースでの支払いが可能というのが不可解です。最近始まった仕組みではありませんが、以前はリースでのコンサルテーションを提供したケースは少なかったのですが・・・

リース会社は、「成果物によってリースの支払いを実行します」というけど、本来、コンサルテーションというのは、「成果物」を強制されるものではないはずです。毎日、必死でクライアントのためにと考えて提供する「知識(提案)」に関して、全て成果物を準備するというのは、あまりにもナンセンスだ・・・と考えています。

【追記:2010年11月6日】
本件に関して、参考になる Tweet を頂きましたので、記録しておきましょうね!

@baborin: 昔からありまよ。構築が完了したものを製品と扱いリース契約とする。むしろ最近減っているというのが私の印象。

@baborin: リースにするには請負契約でないとなりません。ただ、すうすると当然費用があがりますから一部を準委任などで頼むときはリースにすることはできません。以前よりベンダー丸投げ請負契約がへっている気がするので減っているように感じるのだと思います。

@baborin: コンサルティング屋さんは基本準委任ですよね。なので私の理解ではリース契約には出来なはずです。あくまでもコンサルティングをモノを作るためのプロセスととらえて、完成したシステムを、それにかかった費用を含めてリース契約するという話なので。

@baborin: 請負でソフトウェア開発などの成果物がある場合は、強引にソフトウェア費用としてリースにすることは可能ですね。

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - NEC が SAP ERP のクラウドサービスを提供って・・・ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - NEC が SAP ERP のクラウドサービスを提供って・・・ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#ERP #SAP ちょっと違和感がありますね・・・「CNET Japan::NEC、クラウドサービス事業でSAPと協業–SAP ERPをクラウドで提供」が公開されましたが、個人的にはかなり違和感のある内容です。

NECは11月4日、独SAPとクラウドサービス事業で協業すると発表した。SAPのERPパッケージソフト「SAP ERP」の機能を、NECのデータセンターを通じてクラウドサービス形式でユーザー企業に提供する。

もともと、NEC って SAP ERP のサービスを提供してたのかな!?あまり聞いたことがない・・・単純にプラットフォームの提供ということなのでしょうか!?更に違和感のある記述が続きます。

NECでは、日本国内に加え海外主要地域に展開しようとしているクラウド指向データセンター(CODC)における、企業等の基幹領域のアプリケーションソフトウェアとしてSAP ERPを採用。同ソフトの機能をクラウドサービスとして月額利用料方式でユーザー企業に提供する。まずは、日系企業の各拠点に対してグローバルでの提供を開始するという。対象は経理領域からスタートし、販売、購買等の領域にも順次拡大していく計画だ。

ERP を「経理力域からスタートして・・・」って・・・基幹業務システムの段階的な導入が一番効率が悪いと考えている私には、上記のような提供の仕方が最も効率が悪いと信じているのですが・・・これって、流行るのかな・・・

このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - SAP の OSS って、Online SAP Support の略です! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - SAP の OSS って、Online SAP Support の略です! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#ERP #SAP SAP 関係者であれば、多くの方々が利用しているはずの「OSS」という言葉。意外と知らない方が多いのではないでしょうかね!?(って、私、Twitter を始めるまでは真剣に考えたこともなかった・・・)

Twitter で質問したら直ぐに Retweet があって、「Online SAP Support」の略です、と海外から返信がありました(実は、英語で質問を Tweet していたので・・・)。最近、多くのクライアントから質問があるので、知っていて損はないかもしれませんね。決して、「Online Support Service」とか「Online Solution Support」なんていうのの略ではありません!

SAP の語源

11月 3
このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - SAP の語源 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - SAP の語源 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#ERP #SAP SAP は、ERP という基幹業務システムを扱う会社名!決して、「ソーシャル・アプリケーション・プロバイダー」ではない!何度も何度、このことを主張しているのですが・・・

そして、痛快な Tweet がありました!しっかり記憶しておきましょう(って、私、SAP の社員ではありませんが、SAP ERP や SAP CRM の導入をやっているので・・・)

@Yuz0130: 先日、久し振りにSAPの語源を聞かれました。大真面目にStandard Application Productsでしょ?と。いえいえ、Software, Application and Products in data processing が語源です。

意外に知られていない!?SAP の語源。