このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 「一夢庵風流記」を読了・・・完全に隆慶一郎シンドロームです! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 「一夢庵風流記」を読了・・・完全に隆慶一郎シンドロームです! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

一夢庵風流記一夢庵風流記1#rekishi #books 隆慶一郎氏の時代小説には待っていますが、今回は、隆慶一郎著「一夢庵風流記 改版」(新潮文庫:2007年12月)一夢庵風流記2を読了。最近は、仕事で中距離、長距離の移動が多いので、移動の時間だけできっちろと読了できました!

しかし・・・私、完全に「隆慶一郎シンドローム」になったようです。読了すると、次の作品が気になって気になって、どうしても他の作品に移動できませんません。他の作品との併読も試みましたが、やっぱり隆氏の作品に戻っている・・・まっ、小説はそれで良いかな、とも考えていますが。

この「一夢庵風流記」もかなり楽しめました!主人公は、「天下の傾奇者(かぶきもの)として知られる男がいた。派手な格好と異様な振る舞いで人を驚かすのを愉しむ男、名は前田慶次郎」ってことですが、まったく私は知りませんでした・・・まっ、歴史の教科書に登場するような人物ですら知らない方が多い私ですから、当然といえば当然ですが、それがまた面白い。時代小説を楽しむというより、主人公の生き方に面白さがあるし、憧れも感じるからでしょう。

驚きと新しい発見があるのも隆慶一郎氏の時代小説の面白さなのでしょうけど・・・この「一夢庵風流記」での新しい発見は、主人公の前田慶次郎がいまや誰でも知っている!?直江兼続と親友関係にあった、という設定。どうやら史実のようですが、現在、ビジネスの世界では、この直江兼続の参謀としての力量に注目すべきと叫んでいる方々が多い中、既に直江兼続と前田慶次郎を描いている・・・更には、上杉景勝も登場・・・更には徳川家康や伊達政宗といった歴史人も登場してくる・・・

もう、その展開の速さに感動しながら、「徳川家康 + 伊達政宗」 vs. 「上杉景勝 + 直江兼続 + (前田慶次郎)」という構図が、なんだか私には新鮮でした・・・

関連投稿記事!?を読んでみたい・・・