このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 隆慶一郎氏、「吉原御免状」を読了・・・とにかく面白い! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 隆慶一郎氏、「吉原御免状」を読了・・・とにかく面白い! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#books 偶然発見した隆慶一郎という時代伊伝奇小説の作家。本ブログの投稿記事「北上次郎氏、松岡正剛氏が推す隆慶一郎氏って誰!?」でご紹介してから気になっていたので、書店へ出かけていって購入。一気に読了しました、隆慶一郎著「吉原御免状改版」(新潮文庫:2005年11月)吉原御免状2を。

話は、宮本武蔵に育てられた青年剣士・松永誠一郎が色里、「吉原」に行く場面からスタート。吉原が舞台と言うことで、ちょっと内容に不安がありましたが、考えてみれば、どうして吉原があるのか、いつからできたのか、いつ滅びたのか、どうして治外法権のような街があったのか・・・何も知らないことに気が付いて、どんどんと物語に引き込まれていきます。

ちょっと途中、どうしてこんな説明が登場するのかな・・・と考える場面もありますが、どうやらこの「吉原御免状」が、隆慶一郎氏の多くの小説を読む鍵になっているようですから、仕方が無いようですが・・・それにしても、時代伝奇小説って、こんなに面白いなんて・・・感動ものでした!

関連投稿記事!?を読んでみたい・・・