このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 一流社員が読む本::スタンダードともいえる歴史小説名作群 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 一流社員が読む本::スタンダードともいえる歴史小説名作群 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

歴史小説を読んでいこうとする時に、やっぱり「これは読んでおかないとね」といった名作があるんですよね・・・どんな領域でも同じでしょうけど。ウェブページ「一流社員が読む本::スタンダードともいえる歴史小説名作群」には、そんなスタンダードな書籍がリストされていますから、自分用に引用しておきます。

吉川英治の『宮本武蔵』は息が長い。最初にベストセラーになったのが戦時中であり、半世紀以上経った今も売れ続けている。

戦後は司馬遼太郎の『竜馬がゆく』が時代小説のかたちをとった青春小説の典型である。戦後は司馬遼太郎の『竜馬がゆく』が時代小説のかたちをとった青春小説の典型である。

池波正太郎の『鬼平犯科帳』も人気が高い。同心や密偵、あるいは敵対する盗賊を前面に出し、鬼平はまとめ役として一歩引いた感じで登場する。にもかかわらず、その大きな存在感はすばらしい。

戦時中、新聞連載されていた子母澤寛の『勝海舟』には逸話がある。敗戦時、GHQが「封建的な精神を助長する読み物は掲載中止」といってきた。当時、江戸開城の場面だったが、担当者が「これはGHQがやって来た場面を、時代もののかたちを借りて説明しているんです」と抗弁し、通ったそうだ。戦中戦後とも史観を変えずに書き継がれた大作だ。

郷里の史上の人物、上杉鷹山を描いた藤沢周平の遺作『漆の実のみのる国』を挙げたい。司馬.太郎が国を憂うると大所高所から論じるが、藤沢は「この国が何とかよくなってほしい」という「祈り」を描き、漆が実り、風にかさかさ揺れる場面で終わる。

関連投稿記事!?を読んでみたい・・・