このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 一流社員が読む本::平成時代小説の基礎となった作品 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 一流社員が読む本::平成時代小説の基礎となった作品 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

「一流社員が読む本::平成時代小説の基礎となった作品」というウェブページ・・・気になりますね~ちょっと自分用のメモとして引用しておきます(引用は、自分がきになる箇所のみ書き出しています)

日本人ならお馴染みの忠臣蔵。だが、浅野内匠頭がなぜ吉良を斬ったか、という理由は明らかではない。この謎を謎のまま、ストーリーを展開したのが池宮彰一郎の『四十七人の刺客』である。

吉原に新解釈を示したのが隆慶一郎の『吉原御免状』だ。

文庫本の書き下ろし時代小説が山のように出ているが、その先駆けが峰隆一郎の『人斬り弥介』。増える浪人に頭を悩ませた奉行、大岡越前が、主人公の妻子を人質にとり、浪人斬りをさせる。

文庫書き下ろしの現在の雄が佐伯泰英であり、『密命』は佐伯が最初に書いた時代小説シリーズである。

関連投稿記事!?を読んでみたい・・・