このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 北方謙三氏の歴史小説があるんですね! この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 北方謙三氏の歴史小説があるんですね! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

以前から北方謙三氏の小説は読みたいと思っていたのですが、なかなか時間がとれず・・・ではなくて、書店に行っても思い出すことが無くて(すいません・・・)、これまで放置してきましたが、なんとなんと!歴史小説を書いておられるんですね!かなり評判も良い様で(というか、通常の諸説よりも歴史小説の評判の方が上かも・・・)。

ちょっと、「Wikipedia::北方謙三」から引用しておきます。

平安時代

  • 絶海にあらず【藤原純友】(中央公論新社 2005年 / 上・下巻 中公文庫 2008年)

南北朝時代 – 北方が初めて手がけた歴史小説である一連の南北朝ものは、俗に“北方太平記”と呼ばれる。

  • 武王の門【懐良親王】 (上・下巻 新潮社 1989年 / 上・下巻 新潮文庫 1993年)
  • 破軍の星【北畠顕家】(集英社 1990年 / 集英社文庫 1993年)
  • 陽炎の旗 (新潮社 1991年 / 新潮文庫 1995年) – 「武王の門」続編。
  • 悪党の裔【赤松則村】(中央公論社 1992年 / 上・下巻 中公文庫 1995年)
  • 道誉なり【佐々木道誉】(中央公論社 1995年 / 上・下巻 中公文庫 1999年)
  • 波王の秋 (集英社 1996年 / 集英社文庫 1998年)
  • 楠木正成(中央公論新社 2000年 / 上・下巻 中公文庫 2003年)

江戸時代 – 幕末

  • 余燼 (上・下巻 講談社 1996年 / 上・下巻 講談社文庫 1999年) – 「天明の打ちこわし」を背景に描く活劇。
  • 林蔵の貌【間宮林蔵】(集英社 1994年 /集英社文庫 1996年 / 新潮文庫 2003年)
  • 草莽枯れ行く【相楽総三】(集英社 1999年 / 集英社文庫 2002年)
  • 黒龍の柩【土方歳三】(毎日新聞社 2002年 / 上・下巻 幻冬舎文庫 2005年)
  • 杖下に死す(文藝春秋 2003年 / 文春文庫 2006年) – 大塩平八郎の乱を背景に、剣客・光武利之の活躍を描く。
  • 独り群せず (文藝春秋 2007年) – 「杖下に死す」続編。

剣豪小説

  • 日向景一郎”シリーズ
    • 風樹の剣(新潮社 1993年 / 新潮文庫 1996年 『日向景一郎シリーズ1』)
    • 降魔の剣(新潮社 1997年 / 新潮文庫 2000年 『日向景一郎シリーズ2』)
    • 絶影の剣(新潮社 2000年 / 新潮文庫 2002年 『日向景一郎シリーズ3』)
    • 鬼哭の剣(新潮社 2003年 / 新潮文庫 2006年 『日向景一郎シリーズ4』)
  • 寂滅の剣(新潮社 2010年)
  • 活路(講談社 1995年 / 講談社文庫 1998年)

中国史

  • 三国志(角川春樹事務所、全13巻、1996-98)
  • 楊家将(上・下巻 PHP研究所 2003年 / PHP文庫 2006年)
  • 水滸伝(集英社、全19巻、2000-05)のち文庫 
  • 楊令伝 全15巻(集英社)2007-10
  • 史記 武帝記(角川春樹事務所、2008- )

近代史

  • 望郷の道(上・下巻 幻冬舎 2009年)

関連投稿記事!?を読んでみたい・・・