このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - SAP の中堅中小規模企業向けソリューションを SaaS で・・・ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - SAP の中堅中小規模企業向けソリューションを SaaS で・・・ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#ERP #SAP クラウドコンピューティングというのが一種の流行のように言われていますが、基幹業務系システムもその流行に乗っかるように、クラウド化を謳っていますが、どうもピンときません(理解に苦しんでいます・・・)。

「ZDNet Japan::NTTデータ、SAPの中堅中小規模企業向けソリューションをSaaSで提供」というニュースが公開されましたがやっぱり疑問点ばかり・・・自分用に引用しておきます。

NTTデータは11月26日、「SAP Business All-in-One」ソリューションを利用したSaaS「INERPIA/イナーピア」を開発したことを発表した。

(中略)

INERPIAは、中堅中小企業向けERPパッケージであるSAP Business All-in-Oneを、月額利用方式のクラウド型サービスで提供するもの。

(中略)

NTTデータでは、利用企業のメリットとして、自社でシステム構築する場合に比べて、初期投資額やランニングコストの削減を実現できる点や、導入後の運用や効果を見ながらサービスを付加していくといった柔軟な拡張が可能な点を挙げている。

サービスの提供にあたっては、NTTデータソルフィスの加工組立型製造業向けSAP Business All-in-Oneテンプレート、NTTデータの環境配慮型データセンターである「Green Data Center」、クラウド基盤としてNTTデータのクラウドサービス「BizXaaS」を利用する。

INERPIAの利用料金は、1社あたりの初期費用(税別)が1460万円。月額利用料(税別)が1ユーザーライセンスあたり1万9800円(1企業150ユーザーの場合)。アドオン開発などはオプションとなる。

上記から、初期設定に関しては、安価なのでしょうけど、どうなんでしょう・・・5年のスパンを考えた時に本当に安いのかな・・・また、クラウド化することで、どれ位自由度を制限されるのでしょう。結局は、5年後をにらんだ時には、ホスティングするほうが安価だったりして。

暫くは、静観する必要があるのかな。

上記に関するニュースに関連して、気になる Tweet をメモしておきます。

今までのと違いはSAPのライセンス保守費用が月額費になった点ですね。 RT @zerochacool @yy0ne: ホスティングとの違いが知りたい / NTTデータ、SAPの中堅中小規模企業向けソリューションをSaaSで提供 ... http://kvs.co/2eUP
@baborin
Masaru Hiroki

個別ホスティングとの差としては共有サーバーを使うでしょうからスタートが早い。あとアップグレード費も月額費にふくまれてると書いてある。本当なら凄い。 RT @zerochacool げっ!それだけではないですよね、きっと!?? @yy0ne: http://kvs.co/2fZi
@baborin
Masaru Hiroki

@zerochacool 今度、NTTデータソルフィスに詳細聞いてきます。年明けになりそうですが、懇親会を予定しているので。先行しているISIDも、実績が出ているか気になりますね。こっちも探ってみるかな。
@baborin
Masaru Hiroki

@yy0ne @zerochacool SPやNote適用とかが月額費用にはいっているかが気になりますね。HRは法改正パッチ必須ですからね。
@baborin
Masaru Hiroki

@baborin @zerochacool SaaSを謳う以上入っててほしいところです…
@yy0ne
yy0ne

@yy0ne @zerochacool 一方でSP適用が必要がないお客さんにとっては、その分不公平な課金になるという考え方もあります。従量課金というコンセプトに近づけるには、SPは有償、バグ対応などNote適用は費用範囲内というのがベストかもしれません。
@baborin
Masaru Hiroki

関連投稿記事!?を読んでみたい・・・