このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - テニスで厚く打つ、とはボールを潰すイメージ!? この記事をクリップ!Livedoorクリップ - テニスで厚く打つ、とはボールを潰すイメージ!? BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#tennisjp #tennisbaka Twitter の素晴らしさが既に発揮されました!本ブログでの投稿記事である「ビクトリア・アザレンカ選手を参考に、テニスで、「当たりが厚い」ってどういう意味でしょう?」で記述した「当たりが非常に厚い」の意味が解らず、Twitter で質問してみました・・・発言したコーチに質問するのが手っ取り早いのでしょうけど、忙しくて即答して頂けるか不明だったので・・・今日はレッスンがないし・・・

すると、解答頂きました!どうやら、上記の投稿記事の内容から、以下のような意味が当てはまりそうです!解答は、@tennisdoctor_k さんから頂きました!

厚いというのは、「ボールを潰して打てている」という意味です。ですので、フラット・スピン・スライスでも使う言葉です。逆に薄い当たりというのは、「表面上を撫でている」という意味で使います。

なるほど!きっちりとラケットに当てて、スウィートスポットで振り切ることが必要な感じですね。我が娘にできるかどうかは別として、イメージは明確ですよね。我等がコーチも「ボールを潰す感覚」ということは、常に指摘していますから。

関連投稿記事!?を読んでみたい・・・