このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Bookmark this on Delicious このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - WordPress の子テーマにチャレンジしたいけど・・・ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - WordPress の子テーマにチャレンジしたいけど・・・ BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク newsing it! Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

#wordpressjp 最近になって、WordPress には、「子テーマ」という設定ができることを知って、「なるほど!」と思う一方で、これまでのブログでガリガリとテーマファイルを改良していたことを後悔もしています。

本サイトでは、子テーマを徹底的に活用してみようかな、と思っているのですが、この「子テーマ」の機能って、市場でダウンロードできる全てのテーマで活用できるのでしょうかね?やってみないと解らない、ということなんでしょうかね?本ブログは、まったくテーマファイルに手を加えていないので、やってみる価値はあると思いますが、どうなんでしょう・・・

WordPress のオフィシャルページ、「WordPress Codex 日本語版::子テーマ」での説明をちょっと参考までに部分的に引用しておきましょう。

WordPress の子テーマとは、別のテーマ(親テーマ)の機能を継承し、その機能にさらに機能を追加したりその機能を調整したりすることのできるテーマです。

もっとも単純な形式では style.css ファイルを一つだけ備えたディレクトリとなり、制作がとても簡単です。HTML と CSS に精通していればプログラミングの知識は必要ありません。また、基本的には親テーマ自身にはまったく手を加えないで親テーマのスタイルやレイアウトを好きなだけ変更することができます。そのため、親テーマがアップデートされても子テーマの変更は保持されます。

さらに、PHP や WordPress Plugin API を基本的に理解していれば、自分の子テーマの中で PHP を使い、親テーマにまったくさわることなくどのような改変でも可能になります。

オリジナルのテーマに改良を加えることなく、何でもできると解説されていますが、PHP や WordPress Plugin API なんて理解していないから、まずは、 style.css のみの最も単純なディレクトリーならできそうだけど・・・

そこで、style.css は以下の通りになるようです!

子テーマで必須なのは style.css ファイルだけです。このファイルで親テーマの style.css を上書きし、WordPress が子テーマを認識するためのヘッダー情報を含めます。

ヘッダー情報はファイルの先頭に必要で、通常のテーマとの違いは Template: 行が必須になります。これによりWordPressがどの親テーマを継承するのか知ることができます。

以下は子テーマ用ヘッダーの例と説明です:

/*
Theme Name: Kid
Theme URI: http: //example.com/
Description: Child theme for the Twenty Ten theme for WordPress
Author: Demetris
Author URI: http: //example.com/about/
Template: twentyten
Version: 0.1.0
*/

  • Theme Name (必須) 子テーマ名
  • Theme URI (任意) 子テーマのウェブページ
  • Description (任意) テーマの説明。例: わたしの最初の子テーマ。ワーイ!
  • Author URI (任意) 作者のウェブページ
  • Author (任意) 作者の名前
  • Template (必須) 親テーマのディレクトリ名, 大文字小文字を区別します
  • Version (任意) 子テーマのバージョン。例: 0.1, 1.0, etc

なるほど・・・ style.css のヘッダーを上記の通り設定して、その後にスタイルを書き込んでいけば良いわけですね!かなり簡単に見えますが・・・もし「子テーマ」をマスターしたら他のサイトも応用してみようかな・・・

関連投稿記事!?を読んでみたい・・・